不動産でお金を借りる?不動産担保ローンとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
担保 ローン

不動産担保ローンって知っていますか?

簡単に言えば、自分たちが持っている不動産を担保にしてお金を借りるローンです。

デメリットはもちろんありますが、自分名義の不動産でなくても担保にすることができ、金利も低く大口の融資を受けることができるので、複数の会社で借りている方はおまとめローンなどに使うこともできます。

こちらでは、そんなあまり聞き慣れない不動産担保ローンについてご紹介します。

 不動産担保ローンとは

不動産担保ローンは、銀行は信販などの金融機関や消費者金融で扱う「不動産を担保にしたローン(融資)」のことをいいます。

一般的によく使われるキャッシングやカードローンなどは個人の信用に対してお金を貸すのですが、こちらは不動産というモノに対する融資なので、担保となる不動産の価値に見合った高額な融資を受けることができます。

有担保ローンになるので、金利も低く設定できるのも大きな魅力ではないでしょうか。

高額な融資に低めの金利という点を見て、複数の会社から借入している場合におまとめローンとして借り換えするのにも適しています。

また、お金を貸す側としても、万が一返済が滞ったときに担保である不動産を売却することによって債権を回収できるというメリットがあります。

ですが、不動産担保ローンを利用するためには、様々な手続きや手数料が必要となります。あらかじめしっかりとかかる費用を確認してから申し込むかどうか決めるのがおすすめです。

 

不動産担保ローン

 

無担保ローン

(キャッシング・カードローン)

借入額

高額の借入可能

高額の借入は難しい

金利

低い

高い

融資までの期間

時間がかかる

すぐに借りることができる

費用

手続きに各種費用必要

なし

返済不能になった場合

担保(不動産)を失う

債務整理等を行う

借り換え

最適

向かない

不動産担保ローンのメリット

高額な融資が受けられる

不動産を担保にする不動産担保ローンは、不動産という価値が変動しにくいものに対して融資を行うので、その価値に見合うだけの高額な融資を受けることができます。

キャッシングやカードローンなどの無担保ローンは個人への融資なため、それまでの信用情報がモノを言う部分があります。

私もそうですが、過去にお金に関するトラブルがあった場合は、新規で申し込みをしようとしてもなかなか融資額を上げにくくなります。

その点不動産担保ローンは、不動産の価値が基準になるので、私のような信用情報に不安がある人にもそれなりの額の融資が期待できるというわけです。

金利を低く設定できる

不動産という価値のある担保があり、お金を貸す側としても万が一の場合のリスクが少ないため、無担保のローンと比較すると金利を低く設定することができます。

金利が低いということは返済額も無担保ローンと比べて少なく済ませることができるというのは、やはり有担保ローンの最大のメリットではないでしょうか。

借入期間が長く設定できる

不動産担保ローンは、一般的な無担保のローンと比べて貸す側にリスクが少なく、借入期間を長期に設定することができます。

無担保ローンですと最長で10年の返済期間ですが、不動産担保ローンは20年以上の長期設定で契約が可能です。

借入可能額が大きい分、返済額も高額になりがちなので、返済期間が長期に設定できると毎月の返済額を減らすことができます。

審査が厳しくない

無担保ローンは、個人の今までの信用情報に対して「貸しても大丈夫な人物か」を審査するため、過去にお金に関するトラブルや滞納などがあった場合審査で落とされる恐れがあります。

しかし不動産担保ローンは、「その不動産の価値」が審査対象なので、不動産の種類や状態にもよりますが審査はあまり厳しくないというのが一般的なようです。

家族名義の不動産でも担保にできる

自分の名義の不動産はないけれど、家族が不動産を持っているという場合は、三親等以内の親族名義の不動産なら不動産担保ローンの担保として設定が可能です。

ただし、その家族を連帯保証人にする必要がありますので、本人の許可は必ず取りましょうね。

おまとめローンに最適

金利が低い、借入限度額が大きい、借入期間が長い、審査が厳しくないという特徴がありますので、複数の会社からお金を借りている場合のおまとめローンとして最適です。

毎月複数回ある返済で苦しい思いをしている方は、この不動産担保ローンを使って借金を一本化するとかなり楽になりますよ。

不動産担保ローンのデメリット

申込に手間や費用がかかる

担保となる不動産の価値を確認するところから始まりますので、まずは不動産登記簿謄本や住宅実、地積測量図、建物の図面、建築確認通知書等、建物を確認できる書類が必要になります。

その後、その不動産に関する税金を滞納していないかをみるための納税通知書、不動産のローン残高を確認するもの等、実に様々な関係書類の提出が求められます。

もちろんその書類の確認にかかる時間などもありますので、申込から融資までの時間はかなりかかることになります。

不動産を確認したあとは、不動産担保ローンを利用するにあたっての手続きに関する事務手数料、不動産の価値を確定するための不動産鑑定費用、抵当権を設定するための登記費用、印紙代など、各種手続きにかかる費用も必要になります。

この費用は最終的に数十万かかることも珍しくなく、金融機関によって最初に請求されることもありますし、毎月の返済の中に組み込まれることもあります。

金額がかなり大きくなるので、利用する金融機関に予めどのようなタイミングで支払うのか確認しておくといいでしょう。

返済できなくなった場合、不動産は売却される

当然のことながら、返済できなくなったときは担保の不動産は金融機関によって売却され、債権の回収に充てられます。

その際、返済残高に売却金額が届かない場合は不足額が請求されることもあります。

不動産担保ローンは比較的高額な融資を受けることができる反面、返済が滞るとそのデメリットはかなり大きいものになることを充分理解しなければいけません。

おすすめの大手銀行系不動産担保ローンはこれ

東京スター銀行

金利

(変動)0.80%~8.60%

(固定)1.30%~9.20%

融資期間

1年~20年

融資額

100万円~1億円

東京スター銀行の不動産担保ローンは、大手銀行の不動産担保ローンの中でもトップの金利の低さが最大の特徴です。

24時間いつでも問い合わせに対応してくれるので「気になることがあるけど今は時間外だ」と悩むことはなくなり、気付いたときにすぐに問い合わせができるのは安心ですよね。電話で直接話すのは嫌だという方にはLINEを使った問い合わせも可能です。

全国にある支点の一部では、不動産担保ローン専門のスタッフが相談に乗ってくれるので、じっくりと話し合って納得してから申し込むことができます。

楽天銀行

金利

(固定)3.67%~9.57%

融資期間

1年~25年

融資額

100万円~3,000万円

楽天銀行の不動産担保ローンは、とにかく審査手続きがスピーディなのが特徴です。

一般的に不動産担保ローンは審査や手続きに時間がかかるのですが、楽天銀行はネットで仮申込をして事前審査の結果が出るまでの時間は、最短で翌営業日という早さです。

もちろん実際に融資を受けるまでには時間はかかりますが、審査の結果が早いので審査結果だけでもすぐに知りたいという方におすすめです。ネット銀行なのでほとんどの手続きがネット上でできるというのも気軽でいいですよね。

住信SBIネット銀行

金利

(変動)2.95%~8.90%

融資期間

1年~25年

融資額

300万円~1億円

関連保証会社三井住友トラスト・ローン&ファイナンスで保証が受けられることが融資の条件となりますが、それ以外の部分では担保となる不動産の担保条件が第2順位以下(住宅ローン返済中)でも利用可能など、銀行系不動産担保ローンの中では比較的柔軟性があるのが特徴です。

おすすめのノンバンク系不動産担保ローン

株式会社セゾンファンデックス

金利

3.6%~9.9%

融資期間

5年~30年

融資額

100万円~1億円

セゾンファンデックスの不動産担保ローンは、自由に使えるフリーコース、不動産投資用のアパートローン、家のリフォーム用のリフォーム・増改築コース、マイホーム購入用の住宅ローンの4つの目的に合わせた融資を行っており、それぞれのコースによって金利や返済期間、融資額が異なります。

最短3日のスピーディな審査、銀行では断られた方でも相談可能とノンバンクだからできる柔軟性のある対応が特徴です。

日本保証

金利

5.0%~18.0%

融資期間

1年~20年

融資額

50万円~10億円

日本保証の不動産担保ローンは、返済プランが短期・中期・長期で分かれており、自分の都合に合わせて選択することができます。

第三者が所有する不動産でも担保として取り扱うことができるというのが最大の特徴であり、審査結果も早ければ当日中に通知可能というスピーディさもメリットのひとつです。

まとめ

自分か家族が不動産を所有しているなら、複数の会社から借りているという方やできるだけ低金利で長期間借りたいという方にはかなりおすすめできるのではないでしょうか。

とはいえ、万が一の場合失うものはかなり大きくなりますので、申込はしっかり考えた上で慎重に行いましょう。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】で業界最低水準!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!
7643借入残高が30万円以下なら、月々7,000円からの楽々返済
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!(*) 郵送物なし!
*電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。