消費者金融社員直伝!審査の甘いキャッシング会社の正しい選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
審査が甘い会社を選ぶ

「私の信用情報大丈夫?」
「どこの会社でも断られた」

審査に心配ごとがあると、どうしても審査の甘い会社で融資が受けられないか探してしまいますよね。しかし、審査が甘いと一口に言っても、人によって感覚が違うのも事実です。

  • 大手消費者金融も審査基準が緩和されている傾向で、他社4件前後までは契約可能にしています。
  • 貸金業法の制限である総量規制(年収の三分の一以上の借り入れを制限する)に該当していれば、銀行カードローンに申し込んでみるのも作戦の1つに入るでしょう。
  • 信用情報がブラック(延滞や債務整理等の記録がある)なら中堅消費者金融なら柔軟な対応をしてくれるかもしれません。

今回は、「こんな場合はどうしよう!」に合わせて、あなたの条件に合う審査について徹底的に解説していきます。

はじめは誰でも知っているようなCM広告をしている消費者金融の会社で申し込みをしてみてください。すんなり契約できてしまうケースもあるんです。

申し込みをする前に諦めてしまうのはもったいないですよ。消費者金融社員が明かす申込前に必要なことを確認していきましょう。

最初は大手から申し込んでみる

キャッシング会社は、大手でも審査はかなり利用者寄りになってきているんです。

借入件数は4件以内は可能なところが多く、総量規制に抵触していなければ大抵の場合契約できる会社が多いです。

ただし、4件契約していて総量規制に抵触していない人って実は稀なんです。

例えば年収300万円の人が借りられる上限金額は1/3で100万円ですよね。

借入会社限度額or借入額
A社20万円
B社20万円
C社10万円
D社20万円
契約可能金額20万円

確認してみてください。年収に対して1社辺りの限度額が小さいように感じませんか?ですので、件数が4件というよりも総量規制に抵触しているか、いないかが重要なポイントになってきます。

1つの目安にしてください。

過去に示談をしても契約できるケースもある

過去に示談しても審査に通るの?例えば、アコムで以前示談をした、プロミスで債務整理をした、このような方もいるでしょう。

今までは「過去に良くない取引をすると再契約はしない」のが常識でしたが、債務を完済している人に関しては再契約を受け付けている会社も多くなりました

コールセンターの担当者から電話連絡で「再度契約はいかがですか?」と案内の電話をすることも多いのですが、

  • 電話番号が変わっている
  • 電話連絡がつかない

というとき、あなたは再契約ができることを知らないはずなので、一度申込にトライしてみる価値はあるのです。

中堅消費者金融で実は多い・・・トラブルとは

  • 申込の際に説教をされた
  • 延滞時に嫌味を言われた
  • 返済できないときに「誰か知り合いから借金しろ、友人を紹介したら待ってやる
  • 電話の応対が子供と話しているような感じで、不快になることがある

中堅消費者金融でこのようなプチトラブルも報告されています。特に延滞時にトラブルになるケースが多いので、契約した後は入金日は忘れないように心がけた方が良いでしょう。

何度も断られるなら理由があるはずです

1.仕事をしていない
2.他社からの借入件数が4件以上
3.信用情報センターに事故情報がある
4.借入額が年収の1/3を超過している

大抵の場合、上記4点のいずれに該当しているケースが多いです。チェックしてみてください。

どこか思い当たるものはありますか?

ただ、上記の4点に該当していても契約できる可能性は十分にあるんです!詳しく見ていきましょう。

1.仕事をしていないケース

専業主婦や年金生活者、生活保護受給者、未成年がこれに当たりますね。

(1)未成年

多くの消費者金融では、未成年の契約をしていない会社がほとんどです。しかし、学生ローン(東京の高田馬場に店舗が並んでいる)やエポスカードは未成年で仕事をしていなくても契約できる会社があります。

契約状況はそれぞれですが、親の同意が必要、学校名の申告が必要という会社もあるので、申し込み前に確認をしてみた方が良いでしょう。

(2)専業主婦

消費者金融大手は契約をしてくれない会社が大半ですが、銀行カードローンでは、すんなり契約できることが多いんです。

審査時に夫の勤務先に連絡することもありませんし、信用情報に問題がなければ審査に通る可能性は高いと言えます。楽天銀行やみずほ銀行なども専業主婦の契約を受け付けています。

また、専業主婦でもパートをはじめた、自宅で仕事をはじめたという場合には通常のキャッシング会社に申し込みができるようになります。

状況に合わせて申込をしてみてください。

(3)年金受給者

年金受給者でも、仕事をしている、していないで対応が変わってくる会社が多いようです。

消費者金融では、仕事を全くしていないと契約できない会社がほとんどのようですが、アルバイトをしていれば69歳未満なら審査の対象になることが多いです。

こちらにも盲点があり、仕事をしていない年金受給者でも銀行カードローンならすんなり審査に通ることもあるようです。

やはりバンクイックが柔軟な審査をしているようで、貸付条件表は、申し込み上限は65歳未満となっています。銀行は敷居が高いイメージが先行しますが、一度試しに審査をお願いしてみるのもいいかもしれないですね。

(4)生活保護受給者

社会通念に照らし合わせると、「生活保護者とわかっていてお金を貸してくれません

保護費だけでは足りないという事情もあると思いますが、まずは福祉課に連絡をしてください。

もし、現在返済中の借金があるなら、「実は生活保護なんです」と申告すると借金を帳消しにしてくれる会社もあるようなので、個別に対応してみてください。

生活保護者の借金は、クビを絞める行為になるので止めておいた方が良いです。

2.他社からの借り入れ件数

他社からの借り入れ件数と金額がポイント借り入れ件数が多くても、総量規制に抵触していなければ、大手消費者金融で契約できる可能性があります。

基本的には3件以内、多くて4件をベースで考えてください。

貸金業協会の資料によると、貸金業者と呼ばれる、銀行以外からの借り入れは2件以内の人が大半を占めています。

稀に限度額が10万円での契約が3件などあると、件数が多くても総量規制に抵触していないことがあります。このような方の場合、4件までなら新たな契約も通る可能性があります。

しかし、全てにキャッシング会社でOKという訳ではないので、注意は必要です。

3.信用情報センターに事故情報がある

以前までは、ブラックと呼ばれる信用情報上の悪い情報がある人は契約できないというのが通説でした。

これが2016年になって変わってきています。いわゆる、

  • 借り逃げ(借金を返済しないまま逃げてしまった)
  • 債務整理(債務整理や破産など)

以外の信用情報のブラックなら契約する会社が多くなってきているようです。特に、今までは長期延滞と呼ばれる90日を超える延滞があるとアウトだったのが、審査に通っているという報告もあります。

日本の人口は減少しているので、消費者金融業界も契約できる幅を広げているのかもしれませんね。

また、中堅消費者金融では、債務整理後でも債務がセロになっている人との契約をしている会社が多くあります。フクホーや東日本信販などが有名です。

4.借り入れ額が年収の1/3を超えている

いわゆる総量規制超過です。この状態になると、貸金業者との契約はできません。もしできたとすれば、

  • 闇金と契約している
  • 総量規制の金額を勘違いしている(ショッピング、ローン、自動車ローンの金額は含まない)

このような状況が考えられます。未だプチ闇金や、闇金の被害が出ているようです。総量規制に抵触している場合、銀行カードローンに申し込みをするのが常識です。

選ぶポイントとしては、銀行カードローンなのに上限金利が18%になっている。このような銀行は柔軟な審査をしている傾向にあるので狙ってみると良いかもしれません。

それでも契約できない場合は甘い審査の会社へ

キャッシングを主体にしている消費者ローンは、8割のシェアを大手5社が持っています。残りを、

  • 中堅消費者金融
  • 街の金融屋さん
  • ネットキャッシング会社

が、持っています。審査を柔軟にして営業をしていますので、審査に通ったと多く寄せられています。

しかし、街の金融屋さんと、プチ闇金などを見極める必要もあるので名前の聞いたこともないところに申し込みをする場合は注意が必要です。

業者の見極め方

年々、プチ闇金は巧妙化していて、金融知識のない方では見分けがつかないようになっています

例えれば、後ろ姿のオネエみたいなものです。前から見なければ女性か男性かの区別がつきません。

広告を貼る場合

  • 関東財務局長(1)第00000号
  • ○○県知事(1)第0000号

このような登録番号の記載をすることが義務づけられています。広告があって、登録番号の記載のない業者は非正規業者ですので注意してください。

(1)番号が若い会社は注意

全ての業者に言える訳ではありませんが、貸金業登録をしている会社でも(1)や(2)は(登録をしてから3年以下か6年以下の業者)は法律違反を起こす傾向があります。全ての消費者金融とは言い切れませんが、無茶してくることもあるので注意が必要です。

  • 金利を多く取り過ぎていた
  • 暴力的な取り立てをした
  • 契約者を平穏を妨げる行為をした

どれを取ってもありがたくない行為ばかりです。被害にあってからでは遅いので、全く口コミがない会社に申込をするときには注意が必要です。

審査が甘すぎるのはリスクと考えましょう

甘い言葉で勧誘を促してくる会社は怪しいと疑ってください。年々ヤミ金の手口は巧妙化していますが、明らかにおかしい会社はスルーしてください。

  • おまとめ、今月だけ3%決済可能!
  • ブラックOK!上限30万円即決
  • 主婦歓迎!家族に内緒で50万貸します
  • 無職、ブラック、破産?問題ありません。当社にお任せください

「今のご時世、こんな幼稚な手にひっかかるやつはいないよ!」と思われるでしょう。

しかし、実際に被害があるんです。

不正業者の例

これが、実際に捕まった不正業者の作成していたページです。

不正業者名簿

2社だけピックアップしましたが、日本貸金業業界が違反を捕まえた会社です。毎月発生していて、今は平成28年10月なので、先月に摘発されていることになります。

非正規業者を選ばないポイント

闇金、ソフト闇金、このような未登録の貸金業者と契約をした場合、契約自体が無効だと貸金業法は定めています。借りても、返さなくてもいいと言うことです。

しかし、取立てが厳しいでしょうし、精神的に疲労します。
人生が変わってしまうこともあるので、はじめにダメ元でも大手消費者金融に申し込みをしてみる方が良いのです。

ダメな場合は、知名度のある中堅消費者金融を選んだ方が良いですね。

正規業者と非正規業者の見分け方

金融庁の登録貸金業者情報検索

商号・名称に会社名を入れて検索をすると確認ができます。

探した業者が、ここに名前がなければ闇金ということになります。
名前が一緒でも住所が違う場合、登録番号が違う場合は不正業者になります。

  • 初回融資で保証金を請求する会社
  • 貸金業者なのに、弁護士名義や、○○連絡会へ送金を要求するもの

これらも正規会社でないので、確認してから申し込みをしましょう。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】で業界最低水準!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!
7643借入残高が30万円以下なら、月々7,000円からの楽々返済
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!郵送物なし!

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。