【銀行より審査が通りやすい?】ノンバンクで楽々キャッシング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ノンバンク

ノンバンクとは何かと聞かれて、あなたはすぐにどのようなものか答えることができるでしょうか?

じつは元地方銀行行員だった私でもすぐに正確に答えることができないほど、このノンバンクの領域は広く、業務の範囲が分かれています。

またノンバンクの業務ひとつひとつが広範囲にかつ深く私たちの生活と密接に関係しています。

しかし日頃身近に接している銀行や郵便局と違いノンバンクを一言で理解するには時間が掛かります。

そこで今回の記事ではそのノンバンクを取り上げ、ノンバンクの種類をひとつずつ個別に理解しながら、一方で私たちの生活に身近な銀行カードローンとノンバンクの代表である消費者金融のカードローンを比較して、銀行とノンバンクの違いやその賢い利用方法について考えてみたいと思います。

ノンバンクとは ?

ノンバンクとはnon-BANKと表記するように、銀行以外で主に貸金業務や信用業務、その他関連業務を取扱いしている業種の事を総称してこう呼んでいます。

銀行・信用金庫は銀行法・信用金庫法の下で、内閣総理大臣の許認可を受けて金融業務を営んでおり、免許業者のため色々な制約を受けますが、多くのノンバンクは貸金業者として金融庁に登録すれば事業を開始できるのでその業務が弾力的な側面があります。

もちろん貸金業法の制約もあるので何でも自由と言うわけでもありません。(もちろん登録も不要なノンバンクもあります)

ノンバンクは銀行のように一般個人や企業から広く集めた預金を原資に融資を行うのと異なり、その事業のための原資は銀行から借りたり、自社の信用力を背景に債券を発行して資金調達を行います。

そのため資金調達コストが銀行より高くなるので、ノンバンクが行う企業や消費者に対するローンやサービスに掛かる金利は銀行の融資金利に比べてどうしても高くなる傾向があります。

ノンバンクの種類

次にノンバンクの種類を業種別に分類してみましょう。

さらに個々の業務を分かり易くするために事業の対象を個人向けと事業者向けに分けて順番に解説します。

個人向けノンバンク1:消費者金融

消費者金融は小口金融のキャッシングを通じて最も我々に身近なノンバンクです。

銀行カードローンとの詳細な比較は下記の別章で説明しますが、改正貸金業法における総量規制でその融資額が申込者の年収の3分の1を超えられないのが特徴です。

消費者金融業者として有名なのはアコム、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、アイフル、モビットなどです。

個人向けノンバンク2:信販会社

信販会社とは割賦販売(かっぷはんばい)を取扱いしている業者の事をいいます。

割賦販売とは、商品の販売代金を数回に分け受け渡しする販売方式の事で、具体的には、商品の購入者が払う販売代金を購入者に代わって信販会社が販売店に一括して支払い、一方で購入者が信販会社に対し両者で合意した返済回数で分割払いします。もちろん利用には金利が掛かります。

割賦販売を利用することで、購入者はまとまったお金を一度に用意する必要なく商品を先に手にできるので大変便利です。

信販会社として有名な会社にはセディナ、オリエントコーポレーション、ジャックスなどがあります。

個人向けノンバンク3:クレジットカード会社

前述の信販会社取扱いの個別商品の支払い、車のガソリン代金の支払い、レストランの食事代の支払いなど色々な決済に利用するのがクレジットカードです。

クレジットカードを発行するのがクレジットカード会社ですが、クレジットカードには買い物に利用するショッピング枠とお金を臨時で借りるキャッシング枠が付いています。

銀行カードローンや消費者金融キャッシングカードは融資を目的としたカードなので発行前に審査がありますが、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に付属で付いている機能なので審査もあまり厳しくありません。

そのためキャッング枠も利用限度額で最大で50万程度とあまり大きくはありません。

ちなみに信販会社・クレジットカード会社発行のクレジットカードのこのキャッシング枠には消費者金融カードローン同様、総量規制の制限が課せられ、消費者金融カードローンとの合計額で本人年収の3分の1を超えるキャッシング枠を付けることができません。

有名なクレジットカードには三井住友VISAカード、JCBカードがあります。

個人向けノンバンク4:不動産金融会社

個人向けの不動産融資と言えば、まず銀行で取扱いしている住宅ローンがありますが、ノンバンクにもこの住宅ローンを専門に取扱いしている貸金業者があります。

その住宅ローン専門貸金業者でも有名なのがARUHI(アルヒ)です。

アルヒの主力の取扱商品が全期間固定金利のフラット35です。この商品に関しては銀行を含む全取扱金融機関でアルヒがここ何年もトップの販売実績を誇っています。

またこれとは別に個人を対象に、新築ワンルームマンション投資やアパート経営を目的に融資をするノンバンク業者もいます。

ただしこれは個人が住む物件を購入するための住宅ローンでなく事業のためのローンなので、ここではそのようなノンバンク系貸金業者もいるということだけ触れておきます。

事業者向けノンバンク1:ビジネスローン会社

対象者を変えてこれからは事業者向けのノンバンクについてです。

事業者向けと言えばまず事業資金融資があります。ノンバンクが取り扱うローンはビジネスローン(商工ローン)と呼ばれています。

銀行にもビジネスローンと呼ばれるものがありますが、これはノンバンクが取り扱うビジネスローンと似て非なるものです。

銀行のビジネスローンは名前は同じでも審査が銀行基準で行われるので、ノンバンクのそれに比べて審査も格段に厳しくなります。

その点、ノンバンクのビジネスローンは金利は高いものの、審査のスピードや提出する融資書類の簡素さにおいては銀行をしのぐものがあります。

またこれらの会社で取り扱う商品は事業性融資なので、総量規制の対象外として、個人事業者であっても「融資額が年収の3分の1以内制限」を受けず、金融会社の判断でそれを超える融資も可能です。

ビジネスローンを取り扱うノンバンクとしては、ビジネクスト、ビジネスパートナーなどが有名です。

事業者向けノンバンク2:リース会社

リースと言うのは、事業者がその事業で使う設備や機械、備品などを自社で購入して備えるのでなく、その物件をリース会社から借りてその機能を利用する代わり、対価として分割して毎月リース代を払う仕組みのことを言います。

リース代金には、物件価格、固定資産税、保険代、金利などが含まれていて全額損金処理できます。

もし事業者が全ての機械設備を自社で賄うとしたら、購入費が多額になり時にはその資金が運転資金に食い込んで資金不足を起こしかねませんが、リースを活用すれば、機械設備の機能だけ利用しつつ毎月のリース代だけ定期的にリース会社に支払えばいいことになります。

そうすれば業績が順調な限り、運転資金に悪い影響も及ぼすことなく事業が円滑に運営できます。

リース会社として有名なのはオリックス、三井住友ファイナンス&リースなどです。

事業者向けノンバンク3:ファクタリング会社

最近ネットで事業資金をチェックしていると関連でよく出てくる言葉がこのファクタリングです。

これまで紹介した他のノンバンクの会社や業務は、私が銀行員だった時代でも融資取引先でよく見聞きしたものですが、このファクタリングと言うのは聞いたことがありませんでした。

このファクタリングとは「売掛金買取サービス」のことです。

事業者の中には売上代金を現金や小切手・手形の形でなく売掛金と言う形で回収することがあります。

売掛とは売上代金を今現在でなく将来の一定期間後に支払うということを販売先と支払先で合意した形式の事を言います。いわば支払いの繰り延べですね。

販売者からすれば帳簿上、売掛債権はあっても今お金になっていないので、売掛金が実際に入金されるまでは自分で仕入れ代や従業員の給与のための運転資金を用意しなければなりません。

しかし日本の事業者の90%以上は小規模な企業・個人事業主なので、それほどお金に余裕があるわけではありません。銀行の融資可能枠も目一杯使っている所も多いです。

そこでその売掛債権を資金調達のために利用できないかと言う観点から開発された方法がファクタリングです。

ファクタリングの仕組みは以下の通りです。

まず売掛金のある事業者はその売掛債権をファクタリング会社に売却します。

買い取り依頼を受けたファクタリング会社は、売掛債権を債権の信用度に応じて80%~90%の相場で買い取り、事業者の口座に即日入金します。

そして売掛金の支払期日にはファクタリング会社は直接その代金を業者から回収します。

こうすることで事業者は、売掛金の期日を待たず早めに資金を得ることができ資金不足を解消できます。

さらにファクタリングは融資でないので(※)銀行に知られず資金調達できるメリットもあります。

またファクタリング会社は、その事業者の決算が赤字や事業不振でリスケ中(ローンの返済期間見直し中など)でも、買い取るのは既に債権が確定している売掛金なので対応が可能です。

※この件について、ファクタリングを債権の売買と解釈する説と割引手形のように貸金であると解釈する説があり、国としてもまだはっきりした結論を出していません。あいまいなままにしています。

そのため、現時点ではファクタリング会社には消費者金融業者のような貸金業者としての登録も必要なく、ここでは私の視点からあくまでノンバンクのひとつとして取り上げました。

銀行カードローンとノンバンク取扱いカードローンの違い

ノンバンクとその業務について解説したところで、次はより範囲を絞り込んで、銀行とノンバンク(消費者金融)のカードローンを比較してその違いを取り上げてみましょう。

カードローンについても両者には大きな違いがあります。

そこで重要なポイントについて比較してみました。

総量規制とカードローン限度額

総量規制は消費者金融業者の融資を量的に制限する規制です。

具体的には消費者金融業者のカードローン取引及び信販・クレジット会社のキャッシング取引で、融資総額で本人年収の3分の1を超えることができません。

そのため消費者金融業者では、年収制限により一人当たりのカードローン限度額が小口化する傾向があり、一方銀行では総量規制対象外業種として、その収入制限を受けないため、カードローン限度額が大型化する傾向があります。

それぞれの特性を知って、最初から大きなカードローン限度額が欲しい人は銀行で申し込みしたほうが効率的ですし、当面小口融資の利用で構わない人は消費者金融で申し込みしたほうが審査の通過率が高くなります。

金利とカードローン限度額

商品スペックを比較すると、金利に関しては銀行が消費者金融に比べて上限金利で3.0%以上安く貸せますし、平均して限度額も大きくなっています。

金利と限度額、この2点だけ絞れば完全に銀行が消費者金融を上回っていますが、大事な点はこのメリットを申込者全員が受けられるわけではないという点です。

さらに銀行の下限金利がいくら低くても、この金利は限度額が500万円~1,000万円の方が適用対象なので、いくら下限金利を消費者金融と比較しても意味がありません。

特に新規の申込者に対しては、銀行でも消費者金融でも借入実績がない分、適用金利も高くなってあまり差もなく利用限度額も小さくなります。

もちろん銀行カードローンが確実に手に入るならスペックの良い銀行カードローンを申し込むべきですが、審査の結果に不安がある人は無理をせず最初から審査ハードルが低い消費者金融でカードローンを作る方が現実的な選択だと思います。

またカードローンの主な利用が小口資金なら、大手消費者金融業の無利息サービスを使って金利を安くする方法もあります。

無理して銀行カードローンにこだわる必要はないと考えます。

審査スピード

審査スピードに関しては一般的に消費者金融が銀行より早いです。

総量規制により融資面で量的に規制を受けている消費者金融としては、どうしても顧客一人当たりの融資量が限られるので、審査スピードを早め効率化することで顧客数の増加を図らねばなりません。

銀行は融資以外にも他の利益を上げる多くの手段があるので、無理して審査を緩めて貸し倒れリスクを上げる必要はありません。そのためどうしても審査に時間が掛かります。

しかしながら最近ではメガバンクと大手消費者金融中心に提携関係が進んでおり、ずいぶんと両者の垣根が低くなっています。

すでに都銀のカードローンでは消費者金融キャッシングと遜色ないほどの審査スピードになっています。

またこの提携関係をまねて地銀でも急速に同様な動きになっているので、近いうちにどの金融機関でカードローンを申し込みしても審査の早さはあまり変わらない時代が来るかもしれません。

借入方法・返済方法

銀行・消費者金融問わず最近のカードローンの借入方法はインターネットが中心です。

さらに大手金融機関では銀行・消費者金融の融合が進んでいるので、中には無人契約機(自動契約機)の積極的な共同利用も図っている金融機関もあります。

近年最も早く借入できる方法としては、ネットで申し込みから審査・契約まで全て済まし融資も自分の銀行口座に振込してもらうWEB完結という方法か、あるいはネットで申し込みから契約まで済ませておき後は無人契約機でローンカードを受け取り近くのATMで借入する方法があります。

一方、返済方法に関しては銀行と消費者金融では若干の差があります。

銀行としては他にも多くの金融商品を抱えているので、カードローンの返済方法の選択肢を増やすことは経営上コスト高になります。

そこで銀行カードローンでは、最初の1回だけ手続きすれば後は手間が掛からない返済方法に絞っており、それが口座振替(口座引き落とし)です。

また限定的な返済方法として元金の随時(一括)返済に限りATMおよびネット返済ができるようになっています。

その点消費者金融は貸金専業者なので、顧客の利便性を図る意味からカードローンの返済方法も豊富です。

ネット返済は言うに及ばず、ATM返済、口座振替(口座引き落とし)、銀行振込など利用方法に制限もなく多彩です。

ただ返済方法に関しては、銀行と消費者金融、どちらがいいかは利用者本人の条件にもよるので簡単に結論を出すのは難しいです。自分に合った方法を選択してください。

融資対象者

銀行・消費者金融でどちらがカードローンの対象者が広いかと言えばそれは消費者金融です。

消費者金融が総量規制の下、小口金融で収益を上げることを考えれば、自ずと利用の対象者の幅を広げてカードローン保有者の数を増やしていかねばなりません。

その結果正社員だけでなく、非正規雇用者層と呼ばれるパート・アルバイトや派遣・契約社員、さらには年金生活者も申し込みができるようになっています。

さらにパート・アルバイトでも勤務期間が長く継続・安定した収入があれば学生でも主婦でも借れるのが消費者金融です。

ただ消費者金融の場合、総量規制で所得のない個人は利用できなくなっており、無職で収入ゼロの専業主婦(夫)は申し込みもしたくてもできません。

では収入ゼロの専業主婦(夫)は全くカードローンが借れないのでしょうか。

それがありがたいことに、総量規制を受けていない銀行ではカードローンにおける所得制限がないので専業主婦(夫)でも申し込みが可能です。

申込条件として専業主婦(夫)でも配偶者に安定した収入があれば、本人名義で30万円~50万円程度のカードローンがいくつかの銀行ではすでに借れるようになっています。

そういう意味では完全な無職など、よほど特殊なケースを除き、その人が雇用形態や職種で差別されてカードローンを申し込みできないケースはほとんどなくなったとも言えます。

ノンバンクのまとめ

ノンバンクについて、ノンバンクの種類とその業務の解説、銀行とノンバンク(消費者金融)でカードローン比較を行ってみましたがいかかでしたか。

あらためて振り返ると、ノンバンクは銀行同様、お金の面から私たちの社会生活にいかに深く関わりを持っているかがよく分かります。

しかし普通に生活している人は、それほどこのノンバンクの存在も知らないし、よほどの必要性に迫られないと関心も持たないのも事実です。しかしもったいないと思います。

ノンバンクに関心を持ちもう少し情報を持つことで、まだまだこれらノンバンクは我々の生活をより豊かにしてくれる可能性があります。

何か自分の生活に役立つノンバンクはないか、そんな視点でこの記事が読者の気づきの機会になれば幸いです。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】で業界最低水準!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!
7643借入残高が30万円以下なら、月々7,000円からの楽々返済
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!(*) 郵送物なし!
*電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。