【余裕で返済ができる!】 モビットの返済は簡単・少額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
モビット 返済

モビットに限った話ではありませんが、申し込む前はほとんど気にされないのが「返済」という部分です。

ここではモビットを利用したあとどのように返済していくかなど、返済について解説していきます。

モビットの利息はどのくらい?

まずモビットのの金利ですが、申込後の審査で利用限度額とともに金利が決まります。

限度額によっての目安を公開している会社もありますが、モビットでは公開しておらず「最低3%・最大18%」です。

利息としては桁違いに高いわけではなく消費者金融としては一般的な金利と言えます。

また滞納時は罰として滞納分を完済するまで20%の利息が日割りで追加されていきます。

モビットの返済方式は「残高リボ払い方式」

次に返済方式について解説していきます。

モビットでは返済方式として月々一定最低額を返済する約定返済のほか、余裕がある時に好きなだけ返済をする追加返済を併用するリボ払い方式を取り入れています。

リボ払い方式と言っても色々あるのですが、モビットでは「最終支払い後の残高によって返済額がスライドする」という残高スライド方式を取っています。

具体的な返済額は借入額10万円以下の4000円から90万円以上100万円以下の2万6000円まで段階的に上がり、10万円以上は20万円増えるごとに4000円が追加される方式を取っています。

追加返済方式は銀行口座への振り込みなどで行う事が可能で、追加返済の際は連絡する必要も特にありません。

モビットに限った話ではありませんが、リボ払いの最低支払い金額は低額に抑えられていることが多いので余裕がある時に出来る限り追加返済を行う事をおすすめします。

返済方法ATM。口座振替も可能

次に返済方法についてですが、メインは提携ATMと手持ちの口座からの振り込みになります。

モビットは提携ATMとして大手のセブン銀行などの銀コンビニATMの他、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行という大手銀行と提携しているので、提携ATMが無くて困ることはありません。

その他にもゆうちょや信金など多数のATMに対応しています。

そのほかにもモビットが所有している返済用預金口座に振り込みをする事で返済をすることもできます。

またモビットでは口座振替も対応しています。

三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のみの対応ですが、毎月約定返済分を自動的に引き落とすように選択することもできます。

WEB完結でカードローンを申込む場合にもこの2つが必要となるので、モビットへの申込をきっかけとして口座を作るのも良いかもしれません。

モビットの返済方法のまとめ

モビットでは返済方式として残高スライドリボ払いを取り入れています。

毎月の定額返済は最低4000円からでここに余裕がある時に好きなだけ返済する随時返済を組み合わせる方式です。

返済方法としては提携ATMの他、所有口座からの振替にも対応しています。

またUFJと三井住友銀行のみという条件付きですが消費者金融では珍しく銀行からの自動引き落としにも対応しているので申し込みの際にこういった銀行の口座を作るのも良いかもしれません。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】おまとめローンに最適!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!月々7千円からの楽々返済。
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!郵送物なし!

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。