こんなに差が出る!ローンの金利別で返済額比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ローン 比較

カードローンやキャッシングでお金を借りる際に必ず発生するのが「利息」です。

これは「お金を借りるためのレンタル料」とでも言えるもので、もちろん長期間借りていれば多くの利息が必要になります。

では、実際に同じ額を借り入れた時に、利息の計算に使われる金利のパーセンテージの違いで最終的な返済額にどのくらいの差が出るのでしょうか?

そしてお金の返済方式によっても最終的な返済額に差がでる事はあるのでしょうか。

そんな返済に関するお金についての額を比較してみました。

金利の高い低いがある理由

一般的に、アコムやアイフルなどに代表される消費者金融系キャッシングは金利が高く、銀行系カードローンは金利が安いというイメージがあると思います。

この差はなぜ発生するのでしょうか。それぞれのローン商品を比較してみると、その理由がなんとなく理解できる気がします。

審査・融資スピード

お金が必要になっているのは、やっぱり急いでいる、すぐに借りたいという時が多いですよね。

金利が高い会社はウェブサイトやテレビCMを見ると、「即日」「スピード」「すぐに」という早さに関するキーワードがちりばめられています。

その利便性故に少し金利も高めになっているのかもしれません。とはいえ、最近は金利が低い銀行系も融資スピードを売りにしている商品もでてきていますね。

指定口座の所持等の条件付きであることが多いですが…。

借りやすさ

審査の内容の厳しさや、借りるための条件などがそこまでガチガチではないというのも理由のひとつになっている気がします。

金利は、借り逃げや債務整理などで、お金を貸したのに返済しなかった人がいた時のための保険のような役割も含まれています。

たくさんの人に貸す分、金利もある程度の高さにしておきたいというのもあるのかもしれません。

銀行系はこの審査にかける時間が長かったり、審査の内容が消費者金融系より厳しいと言われています。

返済出来る人かどうかをしっかりと見極めることを前提としているので、金利が低めです。

ローンの金利別返済額比較表

実際に30万円を借り入れた場合の返済額が、金利によってどの程度差が出るのかどうかを比較してみてみましょう。

  • 借入額は30万円
  • 12カ月間で返済する

※あくまでも目安の数字なので、実際の返済額とは異なる場合があります。

金利

18.0%

15.0%

14.0%

毎月の返済額

27,503円

27,077円

26,936円

返済総額

329,584円

324,551円

323,228円

利息

29,584円

24,551円

23,228円

金利18.0%との差額

▲5,033円

▲6,356円

30万円を約1年間かけて返済するこちらのケースでは、金利18.0%で借りた場合と比較すると、金利15.0%で5,000円ちょっと、金利14.0%で6,000円以上の差額が発生することがわかります。これはかなり大きいですよね。

融資希望額が大きいほど金利の差額も大きくなりますから、もし時間的に余裕があるなら、まずは金利の低い銀行系カードローンに申し込んでみるのが良さそうですね。

私はお金が必要になるのは決まって急ぎなので、どうしても消費者金融系に行ってしまうんですが、お金が必要ではない時期に銀行系カードローンにあらかじめ申込手続きだけをしておくといった工夫をしてみれば良かったと思います。

ローン返済方式の違い

プロミスやモビットなどは残高スライド元利定額方式、アコムは定率リボルビング方式というように、ローンの返済は、会社によって採用している方式が異なります。

これは利息の計算方法や返済期間の長さに影響するものなので、この方式が異なる会社で同じ金額を借り入れても返済総額に差が出てきます。

また、会社ごとに「毎月最低この金額は返済してね」という最低ラインの額も異なるので、これを基に計算してみると、また違った結果になります。

私もそうですが、キャッシングを利用する人のほとんどはあまり気にしない返済方式について、まずは主に採用する会社が多い「残高スライド元利定額方式」「元金定率リボルビング方式」「元利定額リボルビング方式」の3つの返済方式について簡単に説明します。

残高スライド元利定額

毎月の返済額が、借入残高に応じて段階的に設定される方式です。借入残高が40万円なら毎月最低5万円、30万円未満に減ると最低3万円というように、たくさん借りているほど返済額も大きくなり、残高が減っていけば毎月の返済額も少なく済みます。

私が借りた会社もこの方式でした。というか、キャッシングの会社は残高スライド方式を採用しているところがほとんどですね。

元利定率リボルビング

毎月の返済額がパーセンテージで設定され、その返済額の中から利息を差し引いて元金の返済に充てるのが元利定率リボルビング方式です。たとえば毎月「利用残高の5%を返済」と設定した場合、残高の5%の中からまず利息分が引かれ、残った額を元金返済に充てます。

返済額は設定したパーセンテージの額になるのが元利定率リボルビングです。

元金定率リボルビング

こちらは設定したパーセンテージが全て元金の返済に充てられる方式になります。たとえば「利用残高の5%を返済」と設定した場合、残高の5%がまるまる元金の返済に回されます。

その中には利息は含まれていないので、利息分は別に支払うことになります。実際には残高の5%+利息の額が毎月の返済額になるのが元金定率リボルビングです。

会社別返済総額比較表

同じ返済方式でも、会社によって設定された毎月の最低返済額が異なります。同じ金額を借り入れても、最低返済額が異なれば利息も最終的な返済総額も異なります。

こちらは「残高スライド元利定額リボルビング方式」の返済シミュレーションです。

  • 借入額は30万円
  • 金利はそれぞれの会社の上限値
  • 毎月の返済額は会社が定める最低返済額

※あくまでも目安の数字なので、実際の返済額とは異なる場合があります。

残高スライド元利定額方式

会社

アイフル

プロミス

レイク

モビット

借入額

300,000円

300,000円

300,000円

300,000円

金利

18.0%

17.8%

18.0%

18.0%

毎月の最低返済額 

13,000円

11,000円

7,000円

11,000円

支払い回数 

30回

36回

69回

36回

支払い期間

2年11カ月

3年

5年9カ月

3年

利息総額

85,927円

87,289円

179,093円

88,683円

返済総額

385,927円

387,289円

479,093円

388,683円

同じ返済方式を採用しているこの4社ですが、設定してある月の最低返済額が異なるため、最終的な返済総額に差が出ていることがわかります。

プロミスとモビットは設定最低額は同額なものの、金利に0.2の差があるので返済総額も少しプロミスのほうが低くなっています。

レイクは設定額がかなり低めなので、その分最低額のみで返済を続けた場合、実に5年以上にも及ぶ期間支払い続けばければいけなくなり、返済総額もかなり大きくなってしまっています。

返済方式別返済総額比較表

返済方式によって返済総額にどの程度差がでるのかも見てみましょう。アコムはキャッシング会社の中ではめずらしく残高スライド方式を採用していません。

アコムの最低返済設定額は30万円借入では3%となっていますので、その数値でそれぞれの返済方式で返済した場合を比較してみました。

  • 借入額は30万円
  • 金利は0%
  • 最低返済額は3%(30万円の場合9千円)

※あくまでも目安の数字なので、実際の返済額とは異なる場合があります。

返済方式

残高スライド元利定額

元利定率リボルビング(アコム)

借入額

300,000円

300,000円

金利

18.0%

18.0%

毎月の最低返済額 

9,000円

(借入額の3%以上)9,000円

支払い回数 

47回

47回

支払い期間

3年11カ月

3年11カ月

利息総額

118,982円

116,416円

返済総額

418,982円

416,416円

残高スライド元利定額方式で9千円を返済していった場合、最終的な額は元利定率方式のアコムよりも少し高くなっていますね。

やはり毎月の返済額が1万円を切る場合は返済期間も長期化しますし、利息も10万円を超えます。それぞれ、借入残高に応じて返済額と元金に充てる額が減っていく似たような返済方式ではありますが、残高スライド方式のほうがわずかですが利息を多めに支払うという結果になりました。

ローン 比較まとめ

金利はやはり返済総額に大きな影響を与えます。可能なら金利の低いところで借りるのが一番ですが、そうでない場合は、やはり返済計画をしっかりと立て、最低返済額以上の額をできるだけ積極的に返済していくことが返済総額を抑える最大かつ唯一の方法になりそうです。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】で業界最低水準!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!
7643借入残高が30万円以下なら、月々7,000円からの楽々返済
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!(*) 郵送物なし!
*電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。