【お得に活用!】安心なローンカードで借り入れする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ローン カード

ローンと聞くと銀行の窓口で申し込みの色々な書類を記入して、審査を受ける面倒なイメージがあります。しかし近年は学生さんやパートの主婦でも簡単に借り入れができるようなシステムが増えています。

ご利用の際はいくつかの点に注意をしないといけませんが、年収や職業に関係なく借り入れができるのは私達利用者にとってありがたいことですね。

そこで注目したいのが、ローンカードを使った借り入れです。通称カードローンと呼ばれるものは、大変便利で申し込みの手間が省けるなど様々なメリットがあります。

早速ですが、安心して利用できるカードローンの選び方について見てきましょう。

ローンのカードって何?

私たちの生活のなかで最も身近なカードは「クレジットカード」ですよね。皆さんも1枚はお財布に入っているかと思います。

クレジットカードは買い物の支払いで使うことが最も多い利用方法ですが、カードといってもローン専用のタイプが存在します。このカードはローンサービスをご利用するにあたり、サービス業者が発行するもので貸し付け専用となっています。

ローンのカードといわれるものは、信販系、クレジットカード会社、銀行系のサービスを指すことが一般的ですね。そもそもローンとはお金を借りる方法にひとつで、利用者が商品の購入代金などを後日利子をつけて業者に返済することです。

ローンサービスを受ける為には、サービス業者が行う独自の審査に合格することが条件となります。

最近はお財布のなかもカードだらけになり、それぞれ違った機能を持っています。

私はクレジットカード利用者のひとりですが、ローン専用カードの存在はつい最近まで知りませんでした。

ローンを組むのはとても面倒な印象がありましたが、カードで簡単に使えるのなら急な場面でも安心ですよね。

ローンカードとキャッシングの違いはなに?

ローンとキャッシングは似ていますが、どちらも金利をつけて返済する借り入れ方法のひとつです。

一番の違いはローンカードを使う方法は貸し付け金額の限度が高く、キャッシングは数万円からできる生活資金などとしてご利用になる方が多いです。

また返済方法もそれぞれ異なりローンカードの場合は複数回に分ける分割が多いことに対して、キャッシングは一括返済が一般的です。

ローンカードの審査で失敗しない為には?

ローンカードをご利用する際には審査が必ずあります。

ここで失敗しては借り入れができなくなりますので、スムーズに審査に通過するコツを知っておきましょう。

まず申し込みの情報はミスしないことです。電話番号、住所、メールアドレスなど、初歩的なミスが審査落ちする大きな原因になります。

また申し込みする金額は限度額にならないよう、本当に必要な金額だけにすることがコツです。希望額が低い方が審査が通りやすいメリットがあります。

私たちがローンの審査基準ははっきり公開されない為、実際に申し込んで結果がでるまでわかりませんよね。ひとつの銀行で審査に落ちたといっても、別の銀行ならOKということもあります。

結果待ちの間は緊張しますが、申し込みする時はダブルチェックしたほうが安心ですね。

自分にあうローンカードを見つけるには?

ローンカードといっても信販会社、銀行など借り入れ先は色々あります。

まず自分にあうローンを見つける際に比較したいのが「金利」です。

大手の銀行で提供しているカードローンサービスの一例をあげますと、三菱東京UFL銀行の場合、借り入れ限度額は10万~500万円で金利は年1.8%~14.6%となっています。

審査のスピードは最短で30分、即日利用も可能です。パートやアルバイトでも融資は可能で、しかも保証人も必要ありません。

カードはコンビニのATM、CDなど大変利便性がよくいつでもアクセスしやすいため人気があります。

銀行系のカードローンはどこも同じようなサービス内容ですが、金利をもっと安くしたいという時には、消費者金融の短期返済の無利息ローンもお得です。

例えば10万円を120日間借りたとしましょう。銀行のカードローンだと金利14.5%で計算すると利息は4767円になります。

消費者金融の30日間無利息ローンだと金利が18%と高くなりますが、借り入れ日数が30日少なくなるため、結果的に利息は4438円となり銀行ローンよりもお得になります。

カードローンをご利用する時は、借り入れ先にこだわらず色々と比較した方が安心ですね。

私のように消費者金融はちょっと抵抗がある、という人もよく調べるとお得なローンサービスがありますので見逃してはいけませんね。

安心できるカードローンはどこ?

ローンサービスをご利用になるときは、まず信頼できるところで契約することが大切です。

低金利や利便性なども重要なチェックポイントですが、後で失敗しない為にも安心感がある銀行のカードローンが人気となっています。魅力のひとつは総量規制の対象外になっている点です。

総量規制とは年収の1/3以上の借り入れを制限するもので、消費者金融で借りられない人も銀行ならOKなのです。また銀行は低金利が人気で、高額な借り入れをする人にはさらにメリットになります。

また申し込みの際に収入証明書が不要であることや、ご利用する銀行に口座がなくても大丈夫な点など、ほかにはない利点が色々あります。しかし銀行のカードローンは審査基準が厳しいという声もありますので、まずは窓口で相談するのもよいでしょう。

まとめ

ローンはカードで提携のATMなどから簡単に現金が引き出せるシステムになっていますので、時間がない人も便利ですよね。

お得にローンをご利用するためには、色々な比較条件を考慮すると安心です。

金利別、雇用条件、ローンの種類など、たとえ数万円の借り入れでもきっちり返済するに、借り入れ先を慎重に選択しないといけませんね。

安心な銀行のカードローンか、キャンペーンや特典が多い消費者金融を利用するか、じっくり比較をすることが最初のステップになるのです。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】で業界最低水準!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!
7643借入残高が30万円以下なら、月々7,000円からの楽々返済
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!(*) 郵送物なし!
*電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。