借入審査に落ちない【必勝法】 やってはいけない3つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
借入 審査

キャッシングやローンを利用する際に必ずついてくるのが「審査」です。審査という言葉は聞いたことがあっても、実際にキャッシングやローンに申し込んだことのない方にとって、審査は何をするのか、どんなものなのかわかりません。

そんな審査についてどんなところをチェックされるのかという内容と、申込をしても毎回審査で落とされてしまう方向けに、審査で落とされる原因を説明します。

審査って何をするの?

キャッシングやローンを申し込んだときに行われる審査では、どんなところをチェックされるのでしょうか。その審査の内容を簡単にご紹介します。

属性審査

属性審査とは、申し込みをした人がどんな人かを調べる審査です。たとえば、年収がいくらか、どこに勤めているのか、正社員なのかどうかといった収入やその安定性に関する情報や、結婚しているのか、子供は何人か、住んでいるのは持ち家か借家かなどの生活に関する情報、他社からお金を借りているのか、今まで踏み倒しや返済の遅延はなかったかなどのお金に関する情報まで、様々な項目の情報を審査します。

ここで大まかな情報を確認し、その人がきちんと返済できるだけの年収があるかどうか、お金を貸しても返してくれる人かどうかを見るわけです。

書類確認

提出した書類や収入証明書などに嘘がないかを確認します。ここで嘘があればばもちろん審査は落とされるでしょう。

少しでも書類上の情報を見栄え良くしようなんて考える必要はありません。申込書はきちんと正直に書くことが一番重要です。

嘘をついてお金を借りようとする人には誰でも貸したくないですよね?

在籍確認

在籍確認は、申し込んだ人の勤務先に電話をして「申込者がその勤務先に在籍しているのか」を調べます。

申告された勤務先が嘘じゃないかを確認する審査ですね。これは在籍しているかどうかを確かめるだけなので、申込者が勤務先の電話に出る必要はありません。

ただし、今は個人情報の管理が厳しくなっているため、在籍している・いないの確認自体ができない会社もあります。そのような勤務先に勤めている方は予めその旨を申し込むときに伝えておきましょう。

ちなみに、私は「クレジットカードの審査の電話がくるかもしれません」と周囲に伝えていました。これだと在籍確認があっても不自然じゃないですし、キャッシングの申込だとバレないのでおすすめです。

信用情報審査

信用情報とは、その人が今まで利用してきたクレジットカードやキャッシング、ローンなどの履歴のことを言います。この個人の情報は信用情報を管理する機関に全て保存されていて、キャッシングやローン会社は申込があった人のお金に関する履歴をここで確認することができます。

今までお金を借りてきちんと返済してきたか、もしくは踏み倒したかなどのお金に関する様々な情報が決まった年数保管されますので、借りたお金の返済が滞ったことがある方や自己破産した人などはここの審査で落とされることが多いです。

お金に関する情報はその内容によって大体5~10年ほどは保管されます。

審査に通らない人にありがちな原因

キャッシングやローンに色々申し込んでも審査で落とされてしまうという方にありがちな原因をいくつかご紹介します。中には、意外と誤った認識で申し込んでいる人もいるので、チェックしてみてくださいね。

収入がない・安定していない

専業主婦や無職の方は、審査に通り辛いです。専業主婦の場合は、一部の銀行のカードローンですと、配偶者に安定した収入があれば借りることもできます。無職の方は返済能力がないと認識されるため、まず借りることはできません。

また、収入が安定していない方も審査に落とされる場合があります。たとえば、2~3カ月に一度50万円ほどの収入があるという方よりも、毎月15万円の給料を安定してもらえる方のほうが審査には通りやすいです。

総量規制にひっかかりそう

総量規制とは国が定めたもので「年収の3分の1以上を借りることはできない」というものです。つまり、年収300万円の方なら100万円を超えるお金を借り入れることはできません。

たとえば年収300万円の方が、既に複数の会社から合計90万円ほど借りている場合、残りの猶予は10万円しかないのでこれ以上貸すことはできないと判断され、審査に落とされることが多いです。

過去にお金に関する事故があった

過去に借りたお金を返し切れず自己破産や債務整理をした方や、借りたお金を数ヵ月~数年滞納した、踏み倒したなどの経験があると審査には通りません。

これらのお金に関する信用情報は保存されているので、過去のお金に関する事故情報が消えるまでは、どこに申し込んでも審査で落とされてしまうことになるでしょう。

実際に「私の過去の情報はもう消えてますか?」なんて聞くことはできないので、何年経過したかを確認するためにも、過去にやった債務整理などの書類などはちゃんと保管しておいたほうがいいですね。

一度に複数の会社に申し込んだ

これは私にも覚えがあります。お金が必要だけど一回一回違う会社に申込をするのが面倒だったので、一度に3社くらいに申込をしたことがありました。

その結果全ての会社で審査に落とされることになったのですが、その原因は「一度に色んなところに申し込みをしなければいけないほどお金に関して切羽詰まっているのか?」と判断されてしまうためです。「それほど困窮している=ちゃんと返済できるの?」と疑問視されてしまうんですね。

いつ、どこの会社に申し込みをしたかという情報は、全てのキャッシング、ローン会社が共有しているため、一度に多くの会社に申し込むと全ての会社にバレると思ってください。

借入審査のまとめ

お金を借りるための審査は、お金を貸す側にとっても「この人は信用していい人かどうか」を見極める大切なものです。貸したお金をきちんと返済してくれなければ、会社はつぶれてしまいます。

私は過去、申し込んだ審査で落とされたことがあります。恐らく、それ以前のお金に関する事故情報がまだ消されていない期間だったのでしょう。

過去の私自身のせいで、いまの私がお金を借りるための審査で落とされるなんて皮肉ですね。

審査は、自分にお金を借りるための信用があるかどうかを証明するためのものです。審査にもし落とされても、何が原因だったのかをきちんと考えて、思い当たる原因を取り除く努力をしてくださいね。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】おまとめローンに最適!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!月々7千円からの楽々返済。
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!郵送物なし!

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。