事業者が知っておくべき、ビジネスローンを組む時のポイント3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
事業者 ローン

個人事業者・中小企業経営者の苦労のひとつに、資金繰りがあります。新たに設備投資や商品買い付けをしたい、すれば儲かる自信がある!といったとき。業績が思わしくなく、従業員の給料や仕入先への支払いなどに困っているとき。

借入は、事業を大きくするため、存続させるために必要不可欠です。なかでも迅速かつ比較的簡素な手続きで融資を受けることが可能なビジネスローンは、中小事業者の強い味方です。

なぜビジネスローンで借りるか、どんなときに利用すべきか?

個人事業主や中小企業経営者にとって売上や利益とならんで重要なのが、キャッシュフローつまり現金収支です。せっかく利益があがっていても、資金繰りがおぼつかなくては、黒字倒産ということもありえます。

すでに資金調達に苦しんでいる方はもちろん、転ばぬ先の杖ということで、事業者は知っておいて損はないでしょう。

ビジネスローンは、他の資金調達の方法と比べて次の点で優れています。

まず、個人名で行う銀行カードローンや消費者金融のキャッシングなどは、用途が生活資金などに限られています。

事業目的に資金を調達するには、公的融資、銀行融資、ビジネスローンなどを使う必要があります。

そのなかでも、ビジネスローンは最短即日融資、担保不要であることが多く、急な資金需要にも対応しやすいのが特徴です。中小・個人の武器であるスピード感や機動力を存分に活かすことができます。

公的資金としては、日本政策金融公庫のような政府系の金融機関のほか、自治体や国の各省庁が事業者向け融資を行っています。

金利は低く、融資条件は比較的ゆるやかなことが多いですが、審査などの手続きに1ヵ月程度かかるのが欠点です。

銀行融資も審査に時間がかかり、1ヵ月以上待たされることもざらにあります。

不動産や事業用資産、連帯保証人などを担保として複数つけることが多く、これらの資産がないと融資を受けることが厳しいでしょう。

事業計画書は詳細なものが求められ、銀行側の返済計画に合わないものは融資を受けることができません。その代わりに金利は比較的低いです。

会社の意思決定は遅すぎる、と感じて個人開業した人はけっこういます。私もそのひとりです。そんな私は、資金が必要なときはビジネスローンの世話になろうかなと考えています。

借入にスピードと手続きの簡単さを求める人は、ビジネスローンの利用をおすすめします。

どのような借入先があるのか

ビジネスローンをサービスとして取り扱っている会社は、主に3つに分けられます。専業、銀行、その他ノンバンクです。

専業は、ビジネスローンを専門に扱っている会社で、借入までスピードが早く、申込をしたその日に借入が可能なところもあります。

業者にもよりますが、無利息期間をもうけている、来店不要、など充実したサービスを提供しています。

専業には、ビジネクスト、ビジネスパートナーなどの会社があります。

銀行は各都市銀行や地方銀行、インターネット銀行などが提供しています。銀行融資との違いは、仕組みにあります。

ビジネスローンはパッケージ商品で、決まった項目に対して機械的に審査が行われる傾向にあるので、比較的早いです。

銀行融資はオーダーメイド商品のようなもので、ひとつひとつの案件に対して事業内容や担保などを人間が精査するので、時間がかかり、審査自体も厳しいものになりやすいです。

銀行ビジネスローンはほかの2つに比べると時間がかかりやすいですが、金利は低く、借入上限額も高いのが強みです。

ノンバンクは、信販(クレジットカード)や消費者金融などさまざまな業者が母体になっています。

金利は高めですが、銀行よりも借入までのスピードが早い傾向にあります。楽天カード、オリックス銀行、プロミスなどが提供しています。

どうすれば借りることができるのか、借入条件は?

事業者ローン(ビジネスローン)は多くの場合、担保や連帯保証人などの第三者保証が不要です。

法人の場合は、代表取締役が連帯保証人となります。インターネットやFAXで仮審査を申込、早ければその日のうちに本審査に回され、資金が振り込まれます。

注意すべき点は、業歴が短すぎると申込ができない場合があることです。確定申告書(決算書)の写しを2期分以上提出することが求められることが多いため、事業を開始して2年未満の場合は難しいかもしれません。

個人としての借入が審査に影響するのか気になる人もいるでしょう。特に総量規制は、生活資金も借りている人にとっては重要です。

法人はもちろん、個人事業主であっても、事業用途であれば総量規制の対象になりません。「私、個人ですでに年収の三分の一近く借入しているんだけど」という人も、申込は可能です(審査に受かるかどうかはわかりませんが…)。

事業者ローンのまとめ

  • ビジネスローンは、最短即日融資可能で、手続きも比較的簡単
  • 金利は高め
  • ビジネスローンのなかでも、専業は特にスピード感がある。銀行は金利が低い
  • 業歴2年目未満は借入できない可能性が高い

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】で業界最低水準!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!
7643借入残高が30万円以下なら、月々7,000円からの楽々返済
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!(*) 郵送物なし!
*電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。