【金利が安い!】不動産担保のローンのポイント3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
不動産 ローン

ローンの種類は様々ですが、高額な融資の場合は担保が必要になります。

一般的に私達が利用するクレジットカードのキャッシングや消費者金融などは、無担保でお金を借りることができますが、不動産担保のローンはこのタイプとは違った点がいくつかあります。不動産担保のローンは、その名の通り自宅や土地を担保にして借金をすること。

自分の名義以外の不動産を担保としてもローンを組めるなど、特徴となる点がいくつかあります。では早速ですが、不動産担保ローンのアレコレについて、見ていきたいと思います。

不動産担保ローンの金利について

不動産担保ローンの特徴は、一般的なキャッシングローンなどと比較すると金利が低い点です。

無担保でローンが組める場合は、借主との信頼契約になるため金利が高くなります。

しかし不動産担保があると、申込者の信用力としてみなされるため、金利が低いだけでなく大口の融資も可能です。

一般的な不動産担保ローンの金利ですが、年率3.5%~8.5%の間が多くなっています。融資の期間は1年から20年と長く、借入できる金額は1,000万円~1億円と大変高額に設定されています。

このローンは、一般消費者よりも、不動産の価値を利用して事業資金を調達するなど、目的が異なってきます。

不動産担保ローンのメリットは何?

ローンを貸す金融機関にしてみると、不動産が担保になっているため、万が一返済困難になってもリスクが減るという点が利点になります。

借主にとっては不動産担保ローンのメリットはまず低金利であること。そのため返済総額を軽減することができます。

また借り入れ限度額が億単位も可能なほど、無担保ローンと比較しても大口で借りられる点もメリットです。そのためおまとめローンとしても利用する場合もあります。

無担保のローンは基本的に個人の使用目的が原則ですが、不動産担保ローンならば事業性として利用することもできます。

銀行が融資をする際には審査を行い、事業年数、決算状況といったことも詳しくチェックしますが、担保があるため通常の融資よりは借り入れが可能になりやすいともいわれています。

不動産担保ローンのデメリットについて

不動産担保ローンの場合ですが、金利が安いという魅力があります。借り手にとってはとても嬉しいことの一つですが、もし借りる場合は注意したい点もあるので理解しておきましょう。

まずローンの返済ができない場合は、担保として提供した不動産を失う事になります。担保の不動産には抵当権があるため、金融機関が売却してお金を回収できる権利となっています。

また不動産担保ローンは、利用する場合に手数料などが発生するため、借りる時は利息以外も計算しておかないといけません。

融資を受ける場合には、事務手数料・印紙代・不動産鑑定費用・抵当権の登記費用などがあります。場合によってはこの費用だけでも数十万円ほどかかることもあります。

不動産担保ローンのオススメはどこ?

不動産担保ローンは金融機関によって金利が異なります。そこで金利で比較した場合の不動産担保ローンのオススメを見ていきましょう。

東京スター銀行

スター不動産担保ローン 実質年率は0.8%~8.6%で審査は最短で5日。金利は変動制です。借り入れ可能額は100万~1億円です。

住友SBIネット銀行

実質年率2.95%~8.9%。審査が早く1日程度。最長借り入れ期間は25年間で借入可能額は300万円~1億円です。

アサックス

実質年率2.98%~15.0% 審査は最短で1日、借入可能額の限度は10億円。個人向けのローンは固定金利となっています。同様に事業向けのローンの場合は同じく固定金利で最長借り入れ期間が30年です。

返済のシュミレーションについて

不動産担保ローンの返済について、計算の一例をみていきましょう。例えば固定金利で5000万円、利率4.9%で借入をしたとします。

利息だけを計算すると合計で1330万円。1か月あたりに支払う利息は1万円になる計算です。

不動産担保ローンは、大口になるため金利分だけでもかなりの金額になるのがわかりますね。これが固定金利でない場合は金利が常に変動してしまうため、返済の計画は立てにくくなってしまうのです。

金融機関によっては毎月変動型のローンの商品などもありますので、借入時の金利だけでなく返済期間中の金利負担については、シュミレーションで計算するのも安心ですね。

不動産担保ローンのまとめ

どんなローンでもリスクは必ずありますよね。私達の日常では家のローンや車のローンなど仕方がないものもあります。

不動産担保ローンは、住宅購入の際にお世話になる方も多いと思いますが、返済中はストレスも抱えて精神的にも大変です。

不動産が担保になっていると、なんとしてでも返済まで頑張らないと後で面倒なことにもなりかねません。

一般的なカードローンなどとは違う趣旨がある不動産担保ローンですが、利用する場合は借りる金融機関の比較をしておきましょう。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】おまとめローンに最適!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!月々7千円からの楽々返済。
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!郵送物なし!

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。