【審査落ちとはさようなら】クレジットカードの審査基準とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
クレジット 審査

クレジットカードの審査では、いったい何をチェックしているかご存じですか?

収入もそこそこあるので安心、なんて油断しているとあっさり審査で落とされてしまうことがありますよね。

クレジットの審査は収入額だけでなく他にもいろいろな信用情報を調べています。

申込者にははっきりと審査基準が伝えられない為、いったいどんな点を注意してクレジットカードの申し込みをしていいかわからないですよね。

そこで審査に落とされない為に知っておきたい、クレジットカードの審査基準を見ていきたいと思います。

カードが発行されるまでは不安な気持ちでいっぱいですが、大まかな審査基準を参考にしてください。

基本的な3つの審査基準

クレジットカードに申し込みをしても、必ず全員が発行してもらえる訳ではありません。

審査に通過した人のみがカードを手にすることができます。各カード会社ごとに発行する為に必要な審査基準は異なります。

一般的に共通するのは「返済能力」「居住地」「収入」の3つ。

皆さんが心配する収入額ですが、金額よりも安定した額が継続して入ってくるかどうか、という点がポイントになります。

また居住地に関しては、明確な場所に住んでいるかどうか。

借り入れをした際に夜逃げの可能性がある人では貸倒になってしまいますよね。

この3つの基準以外にそれぞれのクレジットカード会社ではプラスした審査基準を設けています。

そのため絶対にカードが発行されるかどうか確証はないです。

信用情報は専門機関でチェック

クレジットの審査で大切になる個人の信用情報は金融機関や信販会社から個人情報センター・日本信用情報機構・CICの3つの中立機関を通じてチェックされています。

ここでは利用者の経済状況を知るための信用情報を管理し、他のカードの延滞、消費者金融からの借り入れ、多数債務などが調べられています。

クレジットカードの申し込みをすると、その履歴はこれらの機関に半年間残りますので、短期間にいくつものクレジットカードを申し込むと、複数の借り入れがあると判断される可能性もあります。

信用機関では過去にブラックリストにのった経歴などもすぐにわかりますので、カード申し込みは審査がとても重要なポイントになります。

在籍確認は必ずするもの?

クレジットカードの申し込みをすると、勤務先に信販会社から在籍確認の連絡が入る場合があります。

内緒でカードを作りたい人にとってはちょっと恥ずかしいことですよね。

カードを発行する会社によっては在籍確認をしないところもあるようです。

そもそも在籍確認をする目的は、本当に勤務しているかどうかの確認。

ほかの審査項目でOKの場合は、最終的に在籍確認をするケースが多いです。申し込み段階では、収入証明や在籍証明を求められることはありません。

そのためなかには無職で嘘の情報を記入してしまう人もいます。

悪意を持った人を防ぐためにも在籍確認が必要とされているのです。

勤務期間が長い場合、クレジットヒストリーがとても良い場合などは、在籍確認をしないこともあります。

クレジット限度額の算定方法について

クレジットカードを発行してもらうにあたり、気になるのが限度額。

同じカードでも人によって利用限度額が低いことがあります。

限度額の算定方法は、申込者の年収から生活費とクレジット会社に払う1年間の支払い予定の金額をマイナスしたもの。

例えば年収が250万円で一人暮らしの人は、年収から生活費の116万円をマイナスし、ほかの借入がない場合は残額の134万円に0.9をかけた数字が限度額として使われています。

そのため収入が多くても、借り入れがある場合は限度額が低くなる可能性があります。

一番収入面で審査に通りやすいのは安定した収入がある正社員。

アルバイトやフリーター、派遣社員では返済能力が不足する可能性がありますので、審査自体に通らない可能性もあります。

クレジットヒストリーがない場合の信用調査

クレジットカードをはじめて申し込む人。

年齢が若い場合などは個人信用情報機関に履歴がなにも存在しない場合があります。

これではカード発行の審査基準を満たしているかどうかわかりませんよね。

このようなケースでは審査担当者は、年齢が若いか中高年者かにより見方を変えています。

そもそも信用情報がないのは、「現金主義者」の場合か、「債務整理」などで事故情報が消えた場合があります。

中高年の場合は過去の破産など事故情報があるとみなして、クレジットヒストリーが無くても審査に通らない可能性があります。

借入はクレジットカードがなくても、消費者金融機関や銀行のローンなどもあります。

どこで借りるにせよ、審査はありますので比較的厳しくないところを選択するのも方法の一つですね。

クレジットカード審査のまとめ

クレジットカードの申し込みキャンペーンなど、街中でよく行っていますよね。

私もついつい特典が魅力で申し込んだ経験があります。今まで審査に落ちたことはありませんが、結果がでるまで1週間以上もかかると不安になりますよね。

私の収入が問題なのか、勤務先が小さいからか、色々と心当たりになる点も思いつきます。

クレジットカードの審査基準は実際に利用者が全て把握はできません。

それぞれの条件に満たす為には、安定した収入があっても過去の延滞やほかの借入があってはダメですね。

申し込み記録は半年残るため、クレジットカードを作るときは最低でも半年間は開けたほうがよさそうです。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】おまとめローンに最適!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!月々7千円からの楽々返済。
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!郵送物なし!

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。