【クレジットカードまとめ!】クレカで失敗しない利用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
クレジット カード

クレジットカード、あなたは利用していますか?

今利用している人も、まだこれから作ることを検討している人も、あらためてクレジットカードって何って聞かれると、正確に答えられる人は少ないでしょう。

でもすでに私たちの日常生活に深く関わりを持っているクレジットカード、その機能をもう一度再確認してみませんか。

基本を知ることで今クレカを利用している人には新たな気づきがあり、これから作ることを考えている人には利用で失敗や後悔することが少なくなります。

ではカードローンの世界に入っていきましょう。

クレジットカードとは?

クレジットカードは支払いで現金の代わりに利用するものです。

そのカード会社とカードブランドの信用力を背景に、カードを利用する人は、店から高額商品を購入したり、レストランで食事したり、色々なサービスを受けたりできます。また海外でも同じように利用できます。

しかも現金と違って、すぐにお金を支払う必要もありません。将来の一定時点でお金を払って決済すればいいのです。いわばクレジットカードは信用の延べ払いと言えます。

またクレジットカードの機能は大きく分けてショッピングとキャッシングに分けることができます。

ショッピングは、クレジットカードの基本機能とも呼べるものです。カード発行会社が審査により、個々の申込者に利用可能なショッピング枠を与えます。

カード利用者はショッピング枠の範囲内で繰り返し利用できます。

またキャッシング枠はクレジットカードのショッピング枠に付随してくる機能であり、利用枠の範囲内でお金をATMから引き出して反復利用できます。

一方、カード利用者の利用代金の決済については、決められたサイクルで取引銀行の本人名義の普通預金口座等から引き落とし(口座振替)で行われます。

クレジットカードの使い方の流れ

次にクレジットカードを利用した場合の利用開始から決済までの流れを図式化したのでご覧になってください。

クレジットカードのフローチャート

①~②クレジットカードを利用できるお店を加盟店と呼びます。

カード利用者は加盟店の商品購入・サービス提供に対しクレジットカードを呈示して支払いします。

③~④加盟店はクレジットカードの利用明細を一定期間ごとにまとめてカード発行会社に支払い請求します。

カード発行会社は請求書が到着後、内容を精査して一定日に加盟店に販売代金を支払いします。

また一般的に、この支払時に加盟店の登録手数料を差し引きして差額で振り込みします。

⑤カード発行会社はカード利用者から当初に入手した個人情報に基づき、本人の取引銀行宛て、指定日に決済代金の口座引き落としを依頼します。

⑥取引銀行は毎月の一定日にカード会社から送られてきた口座振替明細表に基づき、本人口座から決済代金を引き落とし、カード発行会社の取引口座に振り替えます。

また仮に本人口座が残高不足で引き落としができなかった場合もその旨、カード発行会社に連絡を入れます。

これがクレジットカード利用から決済までの一連の流れです。

クレジットカードが儲かる仕組み

クレジットカードが事業として成り立つ仕組みはどのようなものでしょうか ?

カード発行会社の利益の源泉は、加盟店からの登録手数料とカード利用者の使用に伴う金利・手数料収入です。

それぞれがどの程度、カード発行会社の利益に貢献しているかは、数字が公開されていないので定かではありませんが、やはり加盟店からの手数料が大きいものと考えます。

加盟店もまたカード保持者がクレジットカードをお店で使ってくれればくれるほど、売上額が大きくなり利益に貢献するので、まさにカード発行会社とはWin-Winの関係になります。

またカード利用者が増えれば増えるほど、カード発行会社に取って金利・手数料収入も増えるので、あらゆる機会を通じて色々な販促キャンペーンを打ち利用者の拡大を図っています。

クレジットカードが利用できる対象は?その目的とは?

カード会社がクレジットカードを発行できる対象は法人と個人です。またその使用目的も異なるので、カード会社は対象別にそれぞれの目的に応じたクレジットカードを発行しています。

①法人・個人事業主

事業者が使えるクレジットカードが法人カードとして発行されています。主な使用目的は経費の明確化です。

事業に関係する経費の項目は多々ありますが、支払い手段が現金だけだと事務処理も含めて煩雑になりすぎます。

そこで法人クレジットカードを利用することで、支払いの多くをカードに一元化できるので管理が極めて楽になります。また使い方としてカードを複数枚発行してもらい、メインカードを経営者が利用し、サブカードを役員や従業員が経費の支払いに利用すれば、決済のための引き落とし口座は1か所なのでさらに効率的です。

さらに利用内容については定期的にカード会社から送られてくる利用明細表をチェックすれば分かりますし、使い過ぎなども同時に管理できるので便利です。

これは個人事業主の場合も同様で、個人事業主専用のクレジットカードが発行されているのでそれを使います。

②クレジットカードの利用者の多くは個人です。今日の社会はあらゆる決済にクレジットカードが利用できるので、個人としてもクレカを利用することで支払いを簡素化・スピード化・一元管理することができます。

さらに利用者は正社員にとどまらず、女性(専業主婦含む)や学生・年金受給者さらにフリーランスまでどんどん拡がっています。

クレジットカードの支払い方法その1

クレジットカードは利用の仕方も大事ですが、同時にどのように支払いするか、その方法を理解して自分に適した支払い方法を選ぶのはさらに大切だと思います。

そこでこの章ではクレジットカードの代表的な支払い方法を解説します。

①1回払い

全てのカード利用者の9割以上が利用しているのがこの1回払いです。

通常はカードを利用した翌月の一定日に、取引銀行の本人名義の口座から利用金額全額を一括で引き落としします。この支払方法では金利・手数料は無料になります。

②2回払い

利用者にとって割と便利な支払い方法がこの2回払いです。支払い回数が2回なので、カード利用月の翌月と翌々月の2回に分けて決済されます。

便利な点は支払いが2回になることで、毎月の返済負担が減ること、さらに金利・手数料が掛かりません。

③分割払い(3回払い~36回払い)

支払い回数が3回以上になると一般的に分割払いと呼ばれています。

また通常、金利・手数料が掛かるようになるのもこの3回払いからです。

この分割払いにおいて毎月支払額を出すには、利用代金に所定の手数料を加えてそれを支払い総回数で割れば計算できます。

ただし手数料水準は各社違いますので、分割払いの是非や支払い回数を決める前に実際にクレカを利用するお店で計算してもらって比較する必要があります。

④ボーナス1回払い

お給与でボーナスがある人にはおススメの支払い方法です。支払いが最大6ケ月程度伸ばせますし、金利・手数料も掛かりません。高額商品購入に向いた支払い方法です。

⑤リボルビング払い(リボ払い)

これまで述べてきた1回払いや分割払いと大きく異なる返済方法がリボルビング払いです。

リボルビング払い、通称リボ払いは以下のような特徴を持っています。

リボルビングとは「繰り返し利用する」という意味で、リボ払いを使うと毎月の返済額をほぼ一定にできます。

さらにクレジットカードを利用限度枠内で繰り返し利用しても、その残高の増減に関係なく、毎月の支払額は一定です。毎月の給与が定額の人には特に便利な返済方法です。

ここでリボ払いの支払いイメージを事例を設定して計算してみます。

返済シミュレーションにはカードブランドのひとつ、JCBのウェブサイトのものを利用しました。

参考サイト:http://www.jcb.co.jp/cashing/pop/card-loan-simulation.html

リボ払いの返済状況一覧表

【前提条件】

  • ショッピング代金100,000円
  • 金利実質年率15.0%
  • 毎月返済額10,000円 
  • 金利・手数料込総支払額106,707円(うち金利・手数料6,707円)

支払回数

支払元金

手数料

支払合計金額

支払後残高

1

10,000

1,068

11,068

90,000

2

10,000

1,109

11,109

80,000

3

10,000

1,019

11,019

70,000

4

10,000

863

10,863

60,000

5

10,000

764

10,764

50,000

6

10,000

636

10,636

40,000

7

10,000

493

10,493

30,000

8

10,000

382

10,382

20,000

9

10,000

246

10,246

10,000

10

10,000

127

10,127

0

合計

100,000

6,707

106,707

 

クレジットカードの支払い方法その2

①分割払い・リボ払いの大きな違い

ところで分割払いとリボ払い、一見して返済を一度でなく毎月分割して支払うので同じような返済方法に見えますが、何か大きな違いがあるのでしょうか ?

じつはふたつの支払い方法は根本的な所で大きな違いがあります。

分割払いは個別の商品・サービスについて分割して支払いする方法です。したがって返済期限も明確で、その期限まできちんと遅延なく返済すると、返済すべき元金は完全にゼロになり契約が終了します。

一方、リボ払いは個別の商品・サービスだけでなく、その支払いがまだ終わらない最中に新たな商品の購入・サービスの利用があれば、その代金は支払い途中の未決済残金に加えられます。

そして新たに増えた利用残高を持って返済がスタートすることになります。もちろんリボ払いの特徴である毎月の返済額は一定のままです。

利用件数・残高の増減に関係なく毎月返済額が一定なのは、利用者には大変便利ですが、一方カードの残高がある限り、返済は完了しないので、利用者としてはいつまでも支払いしている感じになります。

クレジットカードは意識して使わないと、使いやすいので知らないうちに残高が増えてしまいます。

さらにそれをリボ払いにしていると、いつの間にかとんでもない額をトータルで支払いしていることにもなりかねません。

リボ払いを選択する時には、くれぐれも無理のない範囲でカードを利用するよう心に留めておいて下さい。

②支払い方法の変更

当初一括払いでスタートして途中で支払いがきつくなり、一括払いからリボ払いへ変更することはできるのでしょうか?結論は可能です。

ネットからカード会社のウェブサイトに直接アクセスして変更用ページで手続きするか、電話で担当者に直接依頼することで翌月から変更できます。

カード会社としても、一括払いよりリボ払いの方が金利・手数料が多く入ることが分かっているので積極的に変更に応じてくれます。

③どの支払い方法が便利か?

結論から先に書けば人それぞれだと思います。

個人によって給与の支給方法や水準が違っているので、最終的には本人が自分に合った支払い方法を見つけるしかありません。

ただ一般論として言えることは、できれば一括払いを基本にして、適宜自分に便利な方法で分割払いやリボ払いを選択すべきだと考えています。

ただリボ払いは便利さゆえにいつの間にか総支払額が増える可能性のある支払い方法です。

可能な限り1~2回払いや分回払いを選ぶ方が、金利を含む総支払額を抑え手元に残るお金が多くなることになります。

クレジットカードの審査方法

クレジットカードには銀行・消費者金融のカードローン同様、発行審査があります。

カードローンほど審査は厳格でありませんが、それでも延べ払いは信用供与である以上審査は避けられません。ここではクレジットカード会社の行っている審査の概要について解説します。

①自動審査(スコアリング)

クレジットカードの審査の方法はカードローン同様、スコアリングと呼ばれる自動審査システムによる判定が主流です。

申し込み時にカード申込者から得た個人情報を元に、本人の属性(年齢・性別・収入・勤務先等)を各社の審査システムに入力し数値化したその合計点で信用判定します。

通常、ここでの審査ポイントは本人収入及びその安定性、またそれを担保する勤務先や勤務年数などです。ただしカードローンに比べて、クレジットカードの利用者層は若い人や主婦層も多く、あまり収入ばかりに審査の重点を置くとクレカを作れない人がたくさん出てしまいます。

そこで、クレジットカードの審査の場合、審査項目での収入のウェイトは低くなる傾向が強く、仮に専業主婦でも配偶者に収入があれば良いとしたり、当初のショッピング枠を少なめに認可してリスクを減らして対応しています。

②信用情報照会

スコアリング判定と併せて重要な点は信用情報照会です。

申込者の過去の支払状況を見ることで、カード発行後、きちんと期日を守って返済してくれるかどうか、おおよその予測はつきます。

利用者に支払いの遅延や延滞をされると、カード会社も支払い督促や回収等、予想外の対応が必要になります。それを防止するためにもこのチェックは欠かせません。

現在、個人情報を照会できる信用情報機関は3つあります。

CIC、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターです。

CICには主にクレジットカードやクレジットを取り扱う多くの信販・クレジット会社が、JICCには消費者金融業等の貸金業者が加盟先として名を連ねています。

一方、全国銀行個人信用情報センターには、銀行とその系列の保証会社、クレジットカード会社などが加盟しています。

また3つの信用情報機関の間には、お互いに審査に必要な情報を相互に提供して利用するネットワークが構築されており、特に新規申込情報や支払いに関する遅延・延滞情報がその照会対象です。

これらの情報を相互に照会することで、申し込みを受けた金融機関は、申込者の多重かつ短期間の申し込みを防止したり、過去に支払いでトラブルを起こした申込者へのカードの発行を防ぐことができます。

またもし、申込者がクレジットカードを作れなかった場合、それは過去に携帯電話料金等の各種支払いで延滞や滞納した履歴が原因になっている可能性もあります。

③在籍確認の有無

カードローンの申し込みでは審査において必ず在籍確認と呼ばれる手続きがあります。

本人の勤務先に金融機関が電話を掛けて本人が在籍しきちんと働いているかどうか確認します。

しかしクレジットカードの場合は、一般的にこの在籍確認の手続は省略されています。

私の場合だとフリーランスなので、そもそも在籍確認が難しいのですが、クレジットカードを申し込みしてカードが手に入ったし、確認のための自宅への電話もありませんでした。

その経験から言えば、在籍確認の手続がなくても、クレジットカードを手にすることは可能です。(ただしカード会社や申込者によります)

④増額または減額

クレジットカードも利用実績に合わせて増額は可能です。

もちろん利用者が申し込みした場合、増額には審査はありますが、利用実績が良好で使用期間中、返済遅延など起こしていない限り、一定期間後にその実績を見てカード会社から自動的に利用枠を増やしてくることもあります。

一方、支払い遅延・延滞を何度も起こしたり、滞納すればクレジットカードの減額または使用中止される場合もありますので注意して下さい。

⑤審査のハードルの高さは会社ごとに違う

前にクレカの発行に当たり、カード会社各社は信用情報機関に申込者の信用情報照会を行うと書きました。

信用情報照会の結果はどのカード会社がたずねても同じなのに、なぜか会社によってクレジットカードが作れたり、ダメだったりします。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それは各社の審査基準が異なるからです。

各社の審査基準は公開されていないのであくまで筆者の推測ですが、クレジットカードの発行目的によって審査ハードルの高さがかなり異なっています。

例えば楽天の発行するクレジットカード・楽天カードは楽天市場で使えます。イオンのクレジットカード・イオンカードはイオン系列の店ならどこでも利用できます。

このようにカード発行の目的がまず利用者のショッピングにある場合、もし収入の有無や水準を審査のポイントに置くと、専業主婦や若者など、収入の少ない、あるいはゼロの人は真っ先にカードが作れません。これではカード会社としても困りますね。

そこでこの系列のカード会社では審査ハードルを低くしてクレジットカード発行を容易にしているのです。

一方銀行系クレジットカード会社は、そこまで審査基準を下げてまでリスクをかぶるメリットもないので、自ずとネット系や流通系カード発行会社に比べて審査が厳しくなります。

そのため、属性にあまり自信のない人は、まずは審査ハードルが低いと考えられる業界のクレジットカードを選んで申し込みして、確実にカードを手に入れ、しばらく利用実績を積み重ねたらいかがでしょうか。

それが将来さらに条件の良いクレカを手にする近道だと私は考えます。

⑥短期の申し込みに注意

最期に申込予定者に注意してほしい点は、短期間に会社を変えてクレジットカードの申し込みをすることは慎んでほしいということです。

申し込みの事実は、最終的に各カード会社経由で信用情報機関にその内容が登録されます。登録情報が保存される期間は申込情報の場合最低6ケ月です。

そのため、数か月の間に頻繁に会社を変えて申し込みを繰り返しても、全て情報が信用情報機関に登録されていくので、最後にはカード会社も懸念を感じて発行を拒否するようになります。

特に最近はカード申込時に特典として大きな金額のポイントを付与しているカード会社が増えているので、ポイント目当てで申し込みを繰り返す申込者も現実にいます。

しかしカード会社としては、そのような顧客はいわゆる「一元様」と呼ばれる一回限りの客なので、会社にとって何の利益にもつながらない迷惑客です。

そういう客を入り口で排除するのもまた審査のひとつなので、利用する側も後々自分に悪い形ではね返ってこないよう、きちんと節度を持った申し込みが必要です。

クレジットカードの種類

次はクレジットカードの種類についてです。

①国際ブランド

クレジットカードのブランドは多々ありますが、主にVISA、 マスターカード 、AMEX 、JCBを押さえておけば十分と考えます。

このうち、発行シェアではVISAが全世界シェアで5割以上、マスターカードで3割と2つのブランドだけでじつに8割抑えている寡占状態です。

そういう意味ではクレジットカードを持つ場合、私としても2枚もあれば良いと思うので、VISA、 マスターカードのうち1枚とあとはJCB等国内でも使えるカードを1枚持てば十分ではないでしょうか。

②ゴールドカード・一般カード

クレジットカードには、一般カードに加えてゴールドカードと呼ばれるステータス重視のカードが発行されています。

ゴールドカードを利用することで、一般カードでは利用できない色々な特典が使えるほか、カードを持つことが社会的地位の高いことをカード会社から証明される証にもなってきたので、ゴールドカードは昔から愛用されてきました。

しかし最近ではそのゴールドカードも依然に比べて発行が容易になっており、社会的地位に関係なく、有料の年会費など一定の条件を満たせば簡単に持てるようになっています。

ただクレジットカードの機能だけに絞れば、わざわざ高い年会費を払う必要もなく、年会費無料で手に入るクレジットカードはいくらでもあるので、実際の利用ではそれで十分でしょう。

また特別ハイクラスな顧客のみ持てるブラックカードと言うのもありますが、年会費も数十万円と高く、これだけは一般人が持つには高嶺(たかね)の花だと考えます。

クレジットカード選定時の各種サービス

ここではクレジットカードを決める時のいくつかのポイントを解説します。

①利用ポイント(還元率)

利用ポイントとは、クレジットカードを利用する金額に応じて還元されてくるおまけのことを言います。またその評価は還元率の高さで比較します。

相場は色々ですが、例えば利用金額100円に対し1ポイント戻るなら還元率1.0%、200円で1ポイントなら還元率0.5%となります。

最近は各社間の競争により還元率が上昇ぎみで、色々な利用の組み合わせで1.0%~4.0%位までポイントが得られるようになっています。

たとえば最近テレビのCMでよく見かける携帯電話のauに関して、au WALLETクレジットカードがあります。

またクレカで利用されているポイントはau WALLETと呼ばれていますが、auユーザーと一般の利用者では同じクレジットカード使っても付くポイントが異なり、当然au ユーザーのお客様に多く付くような仕組みになっています。

さらにこのクレジットカードでは、スマホや携帯を他社からauへ乗り換えることを目的として、色々な特典を用意しています。

例えばauクレジットカードを利用すれば、その利用代金に対してau WALLETが付きます。

さらにau WALLETクレジットカードからau WALLETプリペイドカードに単に資金を移し替える(チャージ)だけでも、WALLETポイントが200円に付き1ポイント付くなど、大変お得になっています。

②年会費の有無

最近のクレジットカードは一般カードに関して年会費はほぼ無料です。

一方、ゴールドカードは年会費1万円(税別)が相場ですが、長期間この水準で定着しています。

さらにクレカの利用では、高速道路通行料支払い時にETCがよく使われますが、ETCはこのクレカのサブカードとして付いています。

またETC利用には別に年会費(相場は500円~1,000円)が必要な会社あり、一方で無料対応している所もあり、これもカードを選ぶ時のポイントになります。

③海外キャッシング

クレジットカードの基本機能はショッピングの支払いですが、顧客の希望に合わせてキャッシング枠をつけることができます。

キャッシング機能は国内でももちろん海外でも利用できます。

特に海外では旅行時に重宝し、国内で現地通貨を両替して旅行先に持ち込まなくても、旅行先の空港やスーパーマーケットにあるATMを利用して、キャッシングで現地通貨を手に入れられます。

④会員キャンペーン

カード各社はクレカの利用促進のため、利用者の情報収集が追い付かないほど頻繁に会員キャンペーンを行っています。

キャンペーン期間中は、当然利用ポイントも平常の2倍~5倍にもなることもあり、クレカユーザーには見逃せない期間です。

ただ各社により利用ポイントの付け方が異なるので、カードを作る前にしばらくキャンペーンを観察して、比較しながら自分に一番合う会社はどこか、どこが一番お得なキャンペーンを展開しているか、しっかり見極めるのもいいでしょう。

不正使用について

クレジットカードについては、当然他人による不正使用のことも頭に入れておかねばなりません。

不正使用には、自分の不注意でクレカを落として他人に不正使用されたケース、最近流行りのネットショッピングでクレジットカードの重要な個人情報を盗まれて、知らないうちに不正使用されていたケースまで色々あります。

そこでここではクレジットカードを不正使用された場合の対応について解説します。

①不正発見後の対応と補償

一般的に本人の意思と関係なくクレジットカードが不正使用された場合、不正発見から60日以内にカード会社と警察にその旨連絡を入れ事故届を出せば、その間に生じた損害額はカード会社の保険から補償してくれます。

ただし本人が管理しているはずのクレジットカードが、以下のような理由で不正使用された場合、補償が受けられず免責される可能性もあります。

  • カードを家族や知人に使わせているうちに不正使用に合った。
  • カード裏面に必要な署名を記入していなかった。
  • 書いてはならない暗証番号を不注意にもカードに記入していた、あるいはメモとしてカードに同封していた。

などです。

②不正防止のための対策

不正防止のためにはカードの保管・管理を厳重にすることは当然ですが、それ以外に利用した明細表を毎回きちんとチェックすることも不正防止につながります。

そのために利用毎にカード会社から送られてくる通知メールを毎回チェックすることをおススメします。

私も個人的にクレジットカードをネットで不正使用された体験がありますが、このメールをしっかりチェックしていたおかげで早めに対応ができて被害を免れました。

当時利用していたクレジットカード関連の個人情報がネットから知らないうちに盗まれました。

しかし翌日、毎日チェックしていたメールに怪しい使用履歴を発見し、即日対応したために実害を免れました。

このように利用通知メールは即日送られてくるので、きちんとご利用明細をチェックすればかなりの不正防止になります。

私の利用しているクレジットカード・楽天カード

私が利用しているクレジットカードは楽天カードとYahoo Japanカードです。

それぞれ利用の動機は、楽天カードが仕事で楽天銀行口座を使う必要があったため、その関連でポイントも貯まる楽天カードが魅力的だったこと、Yahoo Japanカードは2枚目の補完的なカードとして作りました。

それまでメインで使っていた某地銀系列のVISAカードは利用で特段のメリットもないので同時に解約しました。

現在も楽天カードを良く利用していますが、これからも徐々に利用の幅を広げながらポイントを貯めていくつもりです。

私の体験から言えることは、これからはポイント還元率や各種キャンペーンの充実していないクレジットカードは持つ価値がないということです。

それだけにこれからクレジットカードを新たに持つ予定の人やもっとサービスの充実したクレカを手に入れたい人は、ぜひカード会社のサイトをチェックしてより良いクレジットカードを手にしてほしいと思います。

クレジットカードのまとめ

これまでできるだけ広範囲にクレジットカードの情報について解説してきましたがいかがでしたか。

ただこの記事ではあえて個別の会社のクレジットカードの内容に触れることは極力避けました。

なぜなら、クレジットカードに対する基本的な知識を持つことなしに、ただ各社が提供するサービスに注目するだけでは、それだけに目が奪われてしまい、判断を間違うことも多いと考えたからです。

基本的な知識が備わると、その知識の下にクレジットカード選びでも正しい判断ができるようになります。皆さんが納得のいくクレジットカードが持てるようになることを大いに期待しています。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】で業界最低水準!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!
7643借入残高が30万円以下なら、月々7,000円からの楽々返済
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!(*) 郵送物なし!
*電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。