【キャッシングで即日融資 】 借りれる確率が3倍!お得な借り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
キャッシング 即日

人が社会生活を営んでいると毎日のように色々な出来事に遭遇します。

その場合、準備がすでにできていたら特に慌てる必要もありませんが、なかなかそうはいかないのが現実です。

そこで何とか知恵を働かせ人の協力も得ながらその場を対応して乗り切ることもあります。

お金の場合も同じです。急にお金が必要になったけど、財布の中を見たらお金が足りない。

しかもあいにく周りにお金を貸してくれる家族や友人もいないし、そもそも頼むのも気が引ける。

でもどうしても本日お金が必要です。

そうなると頼りになるのは金融機関です。どこかの金融機関でカードローンを作ってもらおうと考えました。

でもすぐにカードローンなんて作ってくれるものなのでしょうか。

安心して下さい。答えは「できます」。現在はそれが可能なっている時代です。

そこで今回の記事ではカードローンと即日というテーマでとことんカードローンを追求します。

キャッシングで「即日」には二つの使い方がある

キャッシングで即日と言えば、「即日審査」か「即日融資」のことを指します。

ところがこれを一緒に並べたり、間に別の言葉を挟むと全く意味する状況が変わってきます。

ひとつは即日審査・即日融資です。

即日審査・即日融資と言うのはその通り、カードローンを申し込みした当日に金融機関が審査をしてくれて審査が通ればそのまま契約、ローンカードの発行で即日融資が受けられる状況を意味しています。(ローンカードの発行を条件としない即日審査・即日融資もあります)

ところが、即日審査だけでは即日に融資を受けられないケースは色々あります。

ひとつは金融機関が即日で審査はしてくれるけど、回答が翌日以降に回されるパターンです。

こうなると当然即日融資は受けられません。審査回答がなされて結果がOKだった場合、初めてカードローンの契約ができます。

しかも回答日が土日・祝日を挟んだ翌週だった場合、さらに融資が受けられる日が先に延ばされます。

つまり、即日融資・即日審査のケースは極めて特殊な組み合わせであることが分かります。

そこで皆さんに質問です。カードローンの利用者にとって「即日審査」「即日融資」、どちらがより重要でしょうか?言い換えればどちらの方が申込者の関心が高いでしょうか?

私は「即日融資」だと思います。

審査の時間などしょせん金融機関側の問題で、申込者の関心事はできればできるだけ早くカードローンを手に入れて融資を受けたいわけですね。

ただ、即日審査ができなければ即日融資も受けられません。当たり前のことです。

しかしそのサービス実現のためにはその金融機関に素早い審査能力とそれを可能にするシステムが必要です。

どの金融機関でも実現できるという代物ではありません。自ずと金融機関の数も絞られてきます。

今、どの金融機関もこの顧客ニーズの高い「即日審査・即日融資」の実現に向けて毎日しのぎを削って競争しています。

そこで、この記事の最終章ではその「即日審査・即日融資」をすでに実現している代表的な金融機関をいくつか取り上げてご紹介する予定です。

キャッシングでなぜ即日融資がそんなにニーズが高いのか?

普通の生活をしていても急にお金が必要になる機会って多いですよね。

たとえば

  1. 親戚・知人に急な冠婚葬祭の予定が入り、お金が必要になった
  2. 交通事故を起こしてしまい、示談金が必要になった
  3. 給料日がすぐ間近なのだが、財布にお金がなくどうしてもつなぎのお金が欲しい
  4. クレジットカードの支払日が目の前だがあいにく決済のお金がない、延滞はしたくないのでなんとかカードローンで借金して返済に充てたい
  5. ゴールデンウィークで友達と旅行に行く予定だがお金が不足している
  6. 健康診断受けたら医者から病気の診断をされて急きょ入院しなくてはならなくなった、でも当座の入院費用が足らない

などです。

考えれば色々あるものですね。こんな場合、親や兄弟に借金するのも気が引けるし、カードローン1枚あれば当座のお金を用意できるのでどれだけ心強いかと思います。

即日融資のニーズが高いのも分かります。

即日審査・即日融資ができる条件

申込者が即日審査・即日融資を利用できるためには、金融機関がそれを実現できる審査体制やシステムなどの条件を構築していること、そしてまた申込人もそれを受けられる信用力を満たしていないとできません。

そこで私なりに申込者が即日審査・即日融資が受けられるための条件を整理してみました。

HPでスピード審査を公表している金融機関を選ぶ

各金融機関のサイトをチェックすると、「即日審査・即日融資可能」とはっきり表示している所とない所があります。

即日融資を受けることが目的なので、当然即日融資を表示している金融機関を選びます。

審査の必要種類が少ない金融機関を探す

カードローンの場合、審査で必要な提出書類は本人確認書類と収入確認書類です。

このうち運転免許証等、本人確認書類はどの金融機関でも提出が必須ですが、収入確認書類に関しては一定の限度額以下の申し込みでは「所得確認書類不要」としている金融機関が多いです。

提出する必要種類が少ない分、申込者側もわざわざ書類を用意したり金融機関に送る手間が減るし、金融機関側もチェックする時間が省けます。

それで審査の時間が効率化され、即日審査・即日融資ができやすくなります。

また「所得確認書類不要」となるカードローン限度額の水準がどれ位かのチェックも重要です。

消費者金融では総量規制により利用限度額50万円(他社で借入あれば合計で100万円)を超えれば所得証明書が必要ですが、銀行は総量規制対象外業種で独自に基準を決められるので、その分岐点は利用限度額200~300万円と高くなっています。

この点では銀行カードローンの申し込みの方がかなり弾力的ですね。

金融機関と直接面談しない方法で申し込みする

カードローンの申し込み方法も最近は多岐に渡っており、インターネット、電話、FAX、自動契約機、店舗窓口、郵送などありますが、即日融資実現のためにはできるだけ金融機関職員と直接面談したり、会話をしない方法を選んだほうがいいです。

この場合、ネット申し込みや自動契約機の活用が最も早く即日融資を実現してくれます。

在籍確認を必ず申込当日にしてくれる金融機関を選ぶ

カードローンの審査で重要な手続きのひとつが在籍確認です。

申し込みを受けた金融機関が勤務先や、自営者の場合、本人の自宅に電話をして働いている事実を確認します。

勤務先への電話は金融機関としても神経を使うので通常、金融機関で審査が終わる直前で在籍確認が行われます。

当然在籍確認が完了しないと審査も終了せず、融資も受けられません。

もし在籍確認が申込日の翌日以降になれば即日融資ができないので、在籍確認を当日にしてくれる金融機関を選ばねばなりません。

ただいつ頃在籍確認するかは金融機関の決めることなので、申込者側としてはせいぜい希望を伝えることしかできません。

一方申込者自身ができることと言えば、申し込み時間を当日早めに、できたら午前中に申し込み手続きを済ますことです。

また金融機関にはっきりと「即日融資希望」と伝えることも必要です。

そうすることで、当日の混雑具合もよりますが、希望を全く言わない顧客より優先して早く処理してくれる可能性もあります。

平日15:00以降や夜、土日・祝日も審査している金融機関を選ぶ

即日融資の行われる時間帯は、通常金融機関が稼働している平日の昼間だけではありません。

金融機関の店舗窓口が閉まった15:00以降から夜に掛けて、あるいは一般の会社や個人が休みの土日・休日なども即日融資の対象です。

しかし金融機関も他の業種同様、平日でも17:00を回れば次々と営業時間を終了させますし土日・祝日は基本的に休日です。

ただコンビニに代表されるように世の中はどんどん24時間365日稼働の会社も増えているので、金融機関としてもサービス業である以上、その流れに乗らざるを得なくなっています。

幸いにも最近は大手銀行・大手消費者金融中心にその稼働時間が拡大しています。その中から即日融資に適した金融機関を選ぶ必要があります。

申込書記入で不備は出さないこと

申込書記入はカードローン審査の入り口です。ここで記入ミスが多くあったり不備があると、金融機関としてもその訂正依頼や再確認に余分な時間が掛かります。

特に即日審査の場合、申込者がネットを利用することも多く、申し込みもパソコンやスマホ等から直接申し込みシートに入力します。

入力申し込みに不慣れな顧客の場合は記入ミスをより犯します。落ち着いてきちんと各事項を確認しながら正確に入力して下さい。

不備なしの正確な入力は即日融資に確実につながります。

カードローン希望限度額はできるだけ必要額内で、かつ最低金額で申し込む

カードローン審査の場合、融資限度額が高くなればなるほど融資リスクが高くなります。

当然金融機関としても貸し倒れリスクを減らすため、審査に慎重になり時間を掛けます。

即日融資を希望する申込者は金融機関のこの審査姿勢を理解したうえで、即日審査を通すためにはできるだけ必要額の範囲で最低限の希望限度額で申し込みする必要があります。

即日融資が受けられて当面のニーズが満たされたら、あとは時間をかけてカードローンの利用実績を積んで増額申請でカバーして下さい。

申込者本人に個人信用情報で問題がないこと

いくら金融機関が即日融資のための審査体制やシステムを充実していても、肝心の申込者に信用面で問題があれば即日融資どころか審査段階でアウトです。

過去の各種返済で延滞や滞納があったり、借金の債務整理や自己破産した過去があれば、それらの情報は全て信用情報機関に5年~10年は登録・保存されているので、一定期間経って登録が抹消されるまでは何度金融機関を変えてカードローンを申し込みしても一切通らないでしょう。

自分の信用を落とさないように、日頃から返済期日をきちんと守って返済する心がけが必要です。

即日融資ができる具体的方法

前の章でも簡単に触れましたが、金融機関で即日審査・即日融資ができる方法は限られています。

ここではその方法について解説します。

カードローンの主な発行先は銀行か消費者金融です。

またその審査体制は、消費者金融カードローンでは金融会社独自で審査を行い、銀行カードローンの場合は、審査は保証会社が行い銀行は販売に専念しています。

この違いが申し込みの流れや審査スピード・契約手続きなどに差を生んでいますが、即日審査・即日融資に絞ればあまり差はありません。その内容はよく似ています。

方法その1・WEB完結

インターネットを使った最先端の即日審査・即日融資を可能にする方法です。

WEB完結では申し込みから融資実行まで全てネットで行い完了します。当然ローンカードの発行もありません。ただし希望者には別にローンカードを発行している金融機関もあります。

一般的にはこのWEB完結での申し込みの場合、まずその金融機関のネット会員になる必要があります。

会員登録が済めば、後は指示される手続きに沿って申し込みを自宅のパソコン・スマホ等から行い、必要な書類もパソコン・スマホからアップロードして審査を受けます。

審査結果がOKならそのまま契約手続きに入り、早い所で申し込みから契約完了まで1時間程度で終了します。

ローンカードの発行もないのでさらに処理時間は早くなります。

即日融資を受けたい顧客は自分でパソコン・スマホ等から会員サイトにアクセスし、必要な融資額を利用限度額以内で金額指定すると自分の取引銀行口座に即日振り込んでくれます。

後は近くの銀行・コンビニATMを利用してキャッシュカードでお金を引き出して終わりです。

24時間365日キャッシングが受けられるメットもあります。(ただし特定のシステムメンテナンス時間・正月3ケ日など除きます)

方法その2・WEB契約申し込み~自動契約機カード発行

もうひとつ、即日審査・即日融資を可能にする方法がその金融機関の自動契約機を利用する方法です。以下で詳しく述べますが自動契約機を活用する方法にはさらに二つタイプがあります。

そのタイプとは

  1. ネットで申し込みから契約まで行い、ローンカードの発行のみ自動契約機で行う方法
  2. 自動契約機を利用して申し込みからローンカード発行まで全て申込者本人が行う方法

です。

そこでまずは①の方法です。

ここで自動契約機とは、金融機関の担当者と直接顔を合わすことなく、申込者自ら自動契約機が設置されたブース内で操作を行い、カードローンの申し込みからローンカード発行まで行える無人対応の契約機のことを言います。

自動契約機には店舗と独立して人の多い往来や郊外に設置されているタイプと金融機関の店舗横にATMコーナーと共に併設されているタイプがあります。

また自動契約機は店舗が営業時間を過ぎた後もそのまま稼働していて、多くが21:00~22:00まで稼働しています。

また土日・休日も稼働しているので、仕事が遅くなった会社員や土日・祝日しかまとまった時間が取れない人にカードローンの申し込みで大変便利な機械です。

自動契約機を使って即日審査・即日融資ができる最も早い方法は、申し込みから契約まで事前にネットで済ませておいて(WEB契約)、ローンカード発行のみ自動契約機で行う方法です。ローンカードを手にしたら後は併設のATMか、近くの提携銀行・コンビニATMを利用してお金を引き出します。

先に申し込みから契約までネットで済ませているので、審査の時間を自動契約機内でじっと待つ必要もなく、また先客や混雑で予定外に時間を浪費させられることもないので大変効率的です。

方法その3・自動契約機で完結

次に②の方法について解説します。
この方法では申込者本人が自動契約機に出向き、手続き一切を自分で行い申し込みしたその日のうちにローンカードを手に入れる方法です。

また無人契約機と言っても、操作に不慣れな申込者のために遠隔操作で各金融機関のオペレーターが常に待機しており、仮に機械の操作や手続きに困った場合でも備え付けの電話等でサポートしてくれるので対応に困ることはありません。

審査や在籍確認に早くても30分程度は必要なので、その間、申込者は自動契約機内で待機しなければなりませんが、スムーズに手続きが進めばその場でローンカードを確実に手にすることができます。

ただ注意しなければならないことは、審査に必要な書類(本人確認書類・収入証明書類)を持参するのを忘れたり、申し込みシート入力に必要な個人情報が十分準備できていない場合は確認のために出直さなければならないので、申し込み時間が遅かった場合、即日融資が受けられない場合もあります。

例えば三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの場合、テレビ窓口と言う自動契約機を使った申し込みができますが、直接ローンカードをその場で受け取るためには運転免許証を持参しておく必要があります。

健康保険証ほかの本人確認書類ではその場でカードは受け取れません。

このように申し込み方法①の「ネット申し込み+自動契約機のカード発行」と比べても②の場合はより注意深い準備が求められますので注意が必要です。

また即日融資を確実にするためにはできるだけ早めに自動契約機に出向くようにして、できたら午前中に申し込みして下さい。

即日審査・即日融資ができる主な金融機関とその具体的方法

それではこれまでの解説を踏まえて、大手消費者金融、銀行から即日審査・即日融資ができる所をピックアップしてご紹介します。

アコム

アコムのサイトでは審査時間最短30分、即日融資まで最短1時間と表記されています。

  1. 平日の場合、14:00までにカードローン契約が完了すれば振り込みキャッシングで即日融資可能です
  2. 平日14:00以降や土日・祝日の場合、申込者が事前に楽天銀行に口座を開設していれば、WEB契約で24時間365日振り込みキャッシングを利用して即日融資が利用できます。(ただしシステムメンテナンス時間除く)

またWEB契約で申し込みから契約まで行い、自動契約機むじんくんでローンカードを発行してもらえば即日融資が利用できます。

ただし自動契約機は設置場所により稼働時間が決められています。稼働時間についてはアコムのサイトでチェックして下さい。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

プロミスのサイトでは審査時間最短30分、即日融資まで最短1時間と表記されています。

  1. 平日の場合、14:00までにWEB契約で完了すれば振り込みキャッシングで即日融資可能です
  2. 平日14:00以降や土日・祝日の場合、申込者が事前に三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を開設していれば、「瞬フリ」とプロミスが呼んでいる方法で24時間365日振り込みキャッシングを使って即日融資が利用できます。(ただしシステムメンテナンス時間、元日等除く)

またはWEB契約で申し込みから契約まで行い、自動契約機でローンカードを発行してもらえば即日融資が利用できます。

ただし自動契約機は設置場所ごとに稼働時間が決められています。稼働時間についてはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)のサイトでチェックして下さい。

モビット

モビットのサイトには即日審査・即日融資の表記はありませんが、一定の条件を満たすことで即日融資ができます。

  1. WEB完結と呼ばれる方法でネット経由で申し込みから契約まで行い、ローンカードの発行なしで、振り込みキャッシング(※)で即日融資を利用できます。ただしその場合、事前に申込者が三井住友銀もしくは三菱東京UFJ銀行の口座を開設しておく必要があります。さらに申込者は社会保険証もしくは組合保険証の所有者でなければなりません。(国民健康保険証の所有者はこのサービスの対象外です)
  2. WEB契約で申し込み手続きを完了させたのち、申込者自らローン契約機に出向いてローンカードを受取り、提携の銀行・コンビニATMでお金を引き出して即日融資を受ける方法があります。

ただし自動契約機は稼働時間が決められています。稼働時間についてはモビットのサイトでチェックして下さい。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※モビットの場合、審査に当たって10秒簡易審査という手続きがあります。

同業他社の審査の目安を立てる簡単な仮審査と異なり、モビットの場合は簡易審査と言ってもその役割はほぼ本審査と同じです。

10秒で簡易審査結果表示を得られますが、モビットでカードローンを作るつもりなら10秒簡易審査と言っても最初から本審査を受けるつもりで準備した上で臨んで下さい。

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクィック)

バンクイックの場合、大手消費者金融が即日融資に活用している振り込みキャッシング方式を採用していません。

そのためバンクイックで即日融資を利用できる方法は「テレビ窓口」と呼ばれている自動契約機を使った方法だけです。

テレビ窓口は消費者金融のように自動契約機が店舗外に設置されているケースはなく、全て三菱東京UFJ銀行の店舗にATMと共に併設されています。

また地方に行くとテレビ窓口自体設置されていない場所もあるので注意が必要です。

申し込み方法は、自宅からWEB契約で申し込み~契約まで済ませておいてテレビ窓口ではローンカードだけ受け取る方法と、直接テレビ窓口に出向いて申込者が申し込みからカード受け取りまで全て行う方法があります。

またテレビ窓口での混雑を避けるためには、自宅でネットを利用して申し込み~契約まで済ませておくほうがおすすめです。

バンクイックの審査は実質カードローンの保証会社であるアコムが行っているので、平日のみならず土日・祝日の審査にも対応しています。

ただしバンクイックの場合、テレビ窓口の稼働時間が土日・祝日の場合、17:00~18:00に終了するので、大手消費者金融の自動契約機の稼働時間(最終21:00~22:00)と比べてかなり短くなります。

土日・祝日にバンクイック利用して即日融資を受けたい人は、申し込み時間には十分配慮して下さい。

新生銀行カードローン(レイク)

レイクでは振込キャッシングを利用して即日融資ができます。ただし振り込みの前に条件として、申し込みを平日14:00までに済ましておくこと、新生銀行が本人確認資料のチェックを完了させておくこと、が必要です。

  1. 平日14:00までに申込者がWEB契約を済まし、レイクが必要書類のチェックを済ますことができれば、顧客指定の銀行口座に即日資金が振り込まれます。
  2. 平日14:00以降や土日・祝日の場合、WEB契約で申し込みから契約まで済まし、レイクの自動契約機でローンカードを受け取れば即日融資が利用できます。

ただし自動契約機は稼働時間が決められています。稼働時間については新生銀行のサイトでチェックして下さい。

即日キャッシングする為のまとめ

カードローンと即日審査・即日融資と言うテーマで解説してきましたがいかがでしたか?

元地方銀行の行員として長らく個人カードローンの販売にも携わってきた私でも、現在のカードローンの即日審査・即日融資というサービスは現役時代には考えられなかったサービスなので、ただ驚くしかありません。

それだけにこれからカードローンを利用したいと思っている人は、ぜひこのサービスを提供している金融機関の中からまずはカードローンを発行してもらってください。

なぜなら即日審査・即日融資ができる金融機関はもちろん他のサービスもかなり充実しています。

例をあげれば、○日間無利息サービス、提携先銀行・コンビニATM利用手数料無料、随時・一括返済手数料無料などです。

これらのサービスやカードローン機能をうまく使いこなすことで、カードローン利用者の生活はより豊かになり充実してきます。賢いカードローンユーザーを目指しましょう。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】で業界最低水準!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 最高800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!
7643借入残高が30万円以下なら、月々7,000円からの楽々返済
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!(*) 郵送物なし!
*電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。