【クレジットカードのキャッシング枠は要注意】正しい使い方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
キャッシング カード

以前はキャッシングと言えば消費者金融の小口金融の事を指し、銀行・信用金庫等が発行するカードローンとは一定の使い分けがされてきました。

しかし近年、総量規制の実施に合わせて大手消費者金融中心にメガバンクとの融合が進み、小口金融部門の提携が進むにつれて、キャッシングとカードローンの使い方においても垣根が取り払われ、両者とも同じような意味合いで使われるようになってきました。

またネットのサイトでもその差をあまり気にせず使われることも珍しくありません。

そこでこの記事ではキャッシングを「クレジットカードのキャッシング枠」と明確に定義することで、銀行・消費者金融カードローンと比較しながら、その特徴や利用方法について詳しく解説します。

キャッシングと総量規制

クレジットカードのキャッシング枠はお店やネットの買い物に利用されるショッピング枠の一部として発行されます。

クレジットカードのショッピング枠そのものが信用の延べ払いですが、キャッシング枠についても無担保無保証扱いの小口融資です。

そのため、消費者金融のカードローン同様、クレジットカードのキャッシング枠は改正貸金業法における総量規制の制限を受けています。

総量規制とは貸金業者の融資額を量的に制限するものです。

具体的には全ての消費者金融業者のカードローンおよび信販・クレジットカード会社発行のクレジットカードのキャッシング枠が合計でその申込者の年収の3分の1を超えることができないという規制です。

そのため、例えば年収300万円の人が消費者金融業者A社・B社で合計80万円の極度額のカードローンを借りていたら、年収の3分の1の100万円が融資の上限になります。その結果、クレジットカード会社C社で発行してもらうクレジットカードには最高20万円しかキャッシング枠が作れない計算になります。

また総量規制により、申込者が単独の貸金業者で50万円を超える申し込みをする場合、あるいは複数の貸金業者で100万円を超える申し込みをする場合、本人の年収を示す収入証明書類の提出が必要になります。これは同じくクレジットカードのキャッシング枠を作る場合にも適用されますので理解しておいて下さい。

クレジットカード・キャッシング枠と銀行・消費者金融カードローンの違い

クレジットカード・キャッシング枠とカードローンの違いは利用者に対する短期資金融資と言う点は同じですが、発行方法に違いがあります。

カードローンの場合、銀行・消費者金融問わず、審査書類を出して審査を受けてカードローンを受け取るので、金利やカードローン限度額の結果が気になるものです。

ところが、クレジットカードのキャッシング枠はクレジットカード・ショッピング枠の付属機能として付いてくるので、クレジットカードの利用者にも審査を受けてキャッシング枠を獲得したという意識がほとんどありません。

また総じてキャッシング枠自体もカードローンの利用限度額と比べても小さくなる傾向があります。

そのためキャッシング枠の金利にも注意は払われず、利息制限法における上限金利、実質年率15.0%~18.0%が適用されることが多いです。

筆者のクレジットカードのキャッシング枠公開

ここでクレジットカードのキャッシング枠をもう少し深く掘り下げる前に、私自身が利用しているクレジットカード・楽天カードの概要について公開します。

楽天カードを作った動機は私がフリーのライターであり、仕事での報酬を受けるのに楽天銀行に口座を持つことが色々便利であること、さらにネットショッピングの支払いで楽天カードを使えばポイントもついてメリットが大きいからです。

ただし楽天カードを作るにあたり、こちらから何の希望も述べなかった結果、以下のような商品スペックのカードが発行されました。

私の場合、楽天カードのショッピング枠50万円のうち、キャッシング枠は30万円となっている所がミソですね。

希望額など、何も具体的に頼みませんでしたが、結果としてこのようなキャッシング枠が与えられました。無職に近いフリーランスですが、もちろん審査もありませんでした。

ローン等で過去に一度も個人信用情報を汚すような経験はありませんが、意外と簡単にキャッシング枠は得られるものですね。個人的な実感です。

楽天カード

内容

適用

有効期限

発行日より5年

 

キャッシングサービス開始日

発行日と同日

 

年会費

無料

 

ショッピングにおけるリボ払い内容

・実質年率15.0%
・残高スライド定額方式

リボ払い適用外、一回払い選択中

キャッシングサービス内容

・実質年率18.0%、ただし貸付残高100万円以上は年15.0%
・一回払い(元利一括返済方式)
・リボルビング払い(残高スライド定額方式)

一回払い選択中

延滞損害金

実質年率20.0%

 

利用可能額

ショッピング枠50万円(うちキャッシング枠30万円)

 

返済方法

口座振替・毎月27日支払日

 

クレジットカード・キャッシング枠はショッピング枠利用の影響を受ける?

もしクレジットカードのご利用可能額の範囲で買い物などによりショッピング枠が多く使われたら、その影響がキャッング枠に及ぶでしょうか?

結論から言えば大きく影響されます。具体的な話をします。

Aさんはクレジットカードを愛用しており、そのカードのショッピング枠が50万円(うちキャッシング枠30万円)とします。

するとショッピング枠50万円の利用状況に応じてキャッシング枠の利用可能額が下記のように変化します。

ショッピング利用額

ショッピング枠利用可能残額

キャッシング枠利用可能残高

0円

50万円

30万円

10万円

40万円

30万円

20万円

30万円

20万円

30万円

20万円

20万円

40万円

10万円

10万円

50万円

0円

0円

この事例からAさんはショッピングの利用総額が20万円を超えた時点から徐々にキャッシング枠の利用額が制限されていくのが分かります。

そしてショッピング枠50万円を使い切ったところでキャッシング枠の利用可能額もゼロになり実質使えないことになります。

以後もショッピング枠に利用残高が残って決済されない限り、キャッシング枠の利用制限が続くことになります。

クレジットカードのキャッシング枠と活用例

クレジットカードのキャッシング枠は色々な使い方ができますが、やはり急にお金が入用になった時にはその威力を発揮します。

またそのクレジットカード会社の提携先の金融機関・コンビニATM・CD等からカードのキャッシング機能を使って現金を引き出せますので、時間や場所を気にせず使えて大変便利です。

ただ利用上しっかりと自覚しておきたいことは、クレジットカードのキャッシング枠はあくまで短期のつなぎ的な資金として活用したいということです。

借りっぱなしにすると、金利もかなり高いので、知らないうちに総支払額が膨れていきます。意識してその点はしっかり管理したいものですね。

ただしうまく使うとまたその利便性も手放せません。

特に海外でクレジットカードのキャッシング機能を使うのはかなり便利です。

わざわざ多額の外貨を国内で両替してその国に持ち込まなくても、その国の空港ターミナルや駅に設置してある銀行ATMからキャッシング機能を使って現地通貨を引き出せば、両替する手間も省けますし手数料も掛かりません。そのまま使えます。

ただ帰国後のクレジットカード会社に対する返済において、精算額に対する為替レートは会社が売上データを処理した日のレートで計算されるので、当初の見込み額より高い決済額を請求されることもあります。

クレジットカード・キャッシング枠の適用金利・増額の場合

ここでもう一度私の楽天カードを振り返りましょう。

私の楽天カードのキャッシングサービスの条件は以下のようになっていました。

「キャッシング枠30万円、実質年率18.0%、ただし貸出額100万円以上の場合年15.0%」

次に現在、銀行・消費者金融問わず貸金業者の金利を上限金利で制限している利息制限法をチェックします。

利息制限法の上限金利

元金

適用金利

10万円未満

実質年率20.0%まで

10万円以上100万円未満

実質年率18.0%まで

100万円以上

実質年率15.0%まで

どうでしょうか。私の実際のキャッシング金利が、元金区分で「10万円以上100万円未満」のこの利息制限法の上限金利を見事に適用されていることが分かりますね。

また仮に、私のキャッシング枠が増額され、100万円を超えれば自動的に楽天で年15.0%に引き下げられることが分かります。

このようにクレジットカードのキャッシング枠の金利は、どのクレジットカード会社のものでも新規発行の場合、ほぼ利息制限法に沿って同じ水準の上限金利が適用されることが分かります。

決してお安い金利ではありませんね。

ちなみに支払い利息の簡単な計算方法は

借入元金(円)×金利(%)×利用日数(日)÷365日

で求められます。関心ある人はご自分で計算してみて下さい。

またキャッシング枠の増額依頼はクレジットカード会社の専用会員ページにアクセスして行います。

増額により金利が引き下げられる効果も期待できますが、一方でキャッシング枠利用中に延滞を発生させたりしていると増額どころか減額や使用中止の可能性もあります。くれぐれも無理のない範囲で利用して下さい。

クレジットカード・キャッシング枠の返済方法

クレジットカード・キャッシング枠の返済方法はショッピング枠の決済と同様、本人取引の銀行口座からの口座振替(口座引き落とし)になります。返済サイクルは月1回のペースです。

またカード会社提携先の金融機関・コンビニATMを使って随時に返済可能なカード会社もあります。

私の楽天カードの返済方法にもあるように、キャッシングの返済には一括払い、リボ払いの二つの方法があり、基本は一括払いです。

通常一括払いの場合、翌月に貸付金額に金利が加えられ一括で引き落としされます。

一方リボルビング払いは、銀行・消費者金融カードローンの返済でも一般的な返済方法ですが、利用件数・利用残高に関わらず毎月の返済額が一定になる特徴があります。

そのため一括払いのように一度に多額の資金を準備する必要もなく、毎月の定例給与等からコツコツと支払えばいいので便利な方法です。

ただし金利も高いので、返済期間が長くなればなるほど金利を含む総支払額が多くなるデメリットもあります。

総支払額を少なくするためには、ATMからできるだけ早めに一括返済や随時返済を行うことです。

ただクレジットカード・キャッシングの場合、提携金融機関ATMからの返済には手数料が掛かることが多く、銀行・消費者金融カードローンの返済手数料の無料対応と比べると不利な点が多いです。

返済方法で一括払いか、リボ払い、どちらを利用するかは本人次第ですが、当初一括払いで契約しておいて、途中で手元資金に余裕がなくなりリボ払いに変更したい時も変更するのは簡単です。

会員ページから簡単に変更手続きが行えます。

またカード会社によれば一括払いからリボ払いに変更しただけで1,000~3,000ポイントもらえるサービスもあります。

しかしこれはそれだけリボ払いがクレジットカード会社にとっては利益につながるうまみのある支払い方法であるということなので、その意味を利用者はちゃんと理解しておかねばなりません。

もしキャッシング枠を使いすぎてしまうことに懸念のある人は、契約時点ではショッピング枠だけにして最初からカードにキャッシング枠を付けないか、後からでも会員ページにアクセスしてキャッシング枠だけゼロにする方法もあるので知っておいてください。

さらに自分のクレジットカードの利用金額等、利用明細に関する情報は会員ページにアクセスしてチェックできるので、適切な利用の面からもうまく活用して下さい。

ショッピング枠を使った現金化(キャッシング)はやめておくべきその理由

キャッシング枠だけでは必要なお金が足らない場合、クレジットカード・ショッピング枠を利用してイレギュラーにお金を作る方法があります。

具体的には、そのショッピング枠を利用して換金性のあるチケットや物品を購入し、それを町の古物商やチケット買取業者に持ち込んで換金します。

そうすれば確かにお金は作れますが、これはかなり危ない方法だと私は思います。

クレジットカード会社ではこのような方法でお金を作ることを規約で禁止しています。

そうしておかないと、カード会社でその本人のキャッシング枠を決めた意味がなくなりますし、総量規制にも違反する可能性もあります。

またその事実がクレジットカード会社に発覚すれば、規約違反で即日一括返済を求められるし、クレジットカード会社内でブラックリストに載せられてしまいます。

そうなると二度とクレジットカードは作れなくなります。

ショッピング枠はあくまでショッピング枠として利用し、ルールを守って活用して下さい。

クレジットカード・キャッシング枠と銀行・消費者金融カードローンのかしこい活用方法

これまで見てきたように、クレジットカード・キャッシング枠と銀行・消費者金融カードローンは小口融資と言う面では機能は同じですが、利用者としてはやはり時と場合を考えて使い分けるほうがいいと思います。

その使い分けのポイントは、キャッシング枠は1~2週間程度のごく短い期間のつなぎ資金的な利用に留めておいて、借金には主に銀行や消費者金融発行のカードローンを利用することです。

もちろんその場合、消費者金融の無利息サービスや銀行カードローンの低金利をうまく活用するのは言うまでありません。

それぞれの機能をうまく使い分ければ、カードローンもキャッシング枠も我々利用者の生活をより豊かにしてくれるものと私は確信しています。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】おまとめローンに最適!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!月々7千円からの楽々返済。
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!郵送物なし!

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。