【知っておきたい】キャッシングのブラックリストってどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
キャッシング ブラック

「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがありますか?

言葉だけ知っている方にとっては「キャッシングなどでお金に関するトラブルがあって、お金を借りることができない人のリスト」みたいなイメージがあるのではないでしょうか。

でも、実際に「ブラックリスト」という名前のリストは存在しないことはご存じですか?

ではなぜブラックリストという名称がこんなにも認知されているのでしょうか。

こちらでは、知っているようで意外と知らないブラックリストについて、色々と説明していきたいと思います。

ブラックリストってどんなもの?

私たちがクレジットカードを作ったり、キャッシングを利用したり、ローンを組んだりといったお金に関する契約を結んだ場合、その顧客情報が「信用情報機関」という情報機関に登録されます。

2017年現在、信用情報機関は3つあります。 

全国銀行個人信用情報センター

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

銀行・農協・信金系の信用情報を扱う

株式会社シー・アイ・シー

http://www.cic.co.jp/

信販会社の信用情報を扱う

株式会社日本信用情報機構

http://www.jicc.co.jp/

消費者金融系の信用情報を扱う

 ここは、日本中のあらゆるお金の貸し借りにまつわる顧客情報が集まる場所であり、銀行や消費者金融といったお金を貸す側がそこに登録してある顧客情報を照会できるところです。

たとえばキャッシングを申し込むと、その会社で審査を受けますよね。

その審査の中に、この信用情報機関の顧客情報の照会が含まれています。

申し込みをした人が過去にお金を借りていたか、借りていた場合きちんと返済しているか、滞納や借り逃げがないかなどを確認し、お金を貸すに値する信用があるかどうかをチェックされます。

ところが、中にはお金を借りても遅延してばかりだったとか、自己破産して借りたお金を返済しなかった人もいます。

そのような情報は「事故情報」として信用情報機関に登録されます。

この事故情報のことを金融業界では通称「ブラック情報」と呼んでいたため、このブラック情報に登録されることを、「ブラック入り」と言うようになり、事故情報そのものが「ブラックリスト」と俗称されるようになったというわけです。

ちなみにブラックリストという言葉自体は、古代ヨーロッパのとある王様が自分の父王に死刑宣告した人物の名前を「黒い名簿(ブラックリスト)」と呼ばれる名簿に記していたのが始まりらしいです。

いつか父親の無念を晴らそうと、父王を間接的とはいえ殺した相手の名前を忘れないよう書いておく名簿というわけです。

起源からしてかなりネガティブな代物ですね。

ブラックリストに載る条件

借りたお金を一定期間滞納したり債務整理などを行った場合に事故情報として登録されることになります。

こちらでは、どんなことをすると事故情報になるのかを説明していきます。

 返済支払いの延滞(3カ月間)

キャッシングやローンなどで借りたお金の返済を3カ月間滞納した時点で事故情報として扱われます。

1,2カ月なら残高不足やうっかりなどがあるかもしれませんが、さすがに3ヶ月間滞納するのは意図的にやっている(返済する意志がない)と判断されます。

私もですが、みんな好きで延滞してるわけじゃないんですけどね…。

 任意整理をする

任意整理とは、裁判所などの公的機関を通さず、債務者(借りた側)と債権者(貸した側)との間で毎月の支払額の減額等を交渉するものです。

「返済していく意志はあるけど、現実問題として支払うお金が足りない」という場合に、自分にとって無理なく返済できる範囲に借金額を圧縮させることが目的です。

誰にもなるべく知られずに借金をなんとかしたいという方が、弁護士や司法書士などに依頼して交渉してもらうことが多いみたいですね。

自分でもできるそうですが、相手は交渉のプロを用意しますので私だったら言い負けちゃいそうです…。

任意整理をしたことについては、裁判所などの公的機関を通していないので一般人の目に触れる記録は残りません。

 特定調停をする

特定調停とは、簡易裁判所に申し立てて債務者と債権者の間で毎月の返済額の減額等が成立するよう仲裁してもらうことをいいます。

任意整理と違い公的な機関を通すやり方ですね。

任意整理ですと弁護士や司法書士などに依頼して交渉してもらう場合が多いのですが、こちらは裁判所がその役割を負います。

弁護士や司法書士に依頼するお金もないという方はこちらを選ぶことが多いようです。

ただし公的機関を通しているので、特定調停をしたという裁判記録が公に残ることになります。

 自己破産をする

自己破産とは、裁判所に「借金を返済できるだけのお金がない」と申し立てて、全ての債務を免除してもらうことを言います。

税金以外の債務が全て無くなるので、返済の取り立てなどに苦しんでいた方にとってはとても助かりますが、一定以上の財産は全て手放すことが条件になる他、就ける職種に制限がかかるなど、それなりのデメリットも存在します。

家や車も手放さなければいけなくなるので、本当にどうしようもなくなった時の最終手段ですね。

こちらも公的機関を通しているので、裁判記録がしっかりと残ります。

 個人再生を申請する

個人再生とは、簡単に言えば任意整理と自己破産の間のようなもので、裁判所に申し立てるまでは同じですが、自己破産のように債務が全てなくなるわけではなく、5分の1程度まで大幅に減らしてもらい、残りは3~5年かけて自分で支払っていくというものです。

自己破産とは違い、家や車などを手放さずに済むことが多いので、支払う意志があるが債務を減らしたいという方向けの方法になります。

こちらも裁判所を通すので、裁判記録が残ります。

 過払金請求を請求する

過払金請求は、テレビCMでもよく見かけるので言葉だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

これは今まで返済してきたお金のうち、払い過ぎている分の返還を請求するというものになります。

平成22年6月18日に改正された利息制限法が施行されるまで、お金を借りた際の利息は現在の上限である20%以上に設定されていたところが多く、だいたい平成19年以前から取引が続いている場合に過払金が発生することが多いようです。

司法書士や弁護士に依頼して、過払金の返還請求を行うのが一般的です。

過払金請求も自分でやろうとすればできるらしいですが、相手側の会社も交渉のプロを出してきますので、大人しくこちらもプロに頼むのが無難でしょうね。

こちらは公的機関を通していないので、第三者が知ることはありません。

※過払金請求を行うと現在はブラックリストに登録はされないのですが、過払金請求をしてもまだ債務が残ってしまう場合と、過払金請求をしてから完了するまでの間は事故情報のひとつとして記録されると言われています。

ブラックリストに載ったらその情報はどのくらいの期間登録されているの?

ブラックリスト(事故情報)に登録された場合、その情報はどの程度の期間登録され続けるのでしょうか。

信用情報機関では登録される期間について明確な日数は公表していませんが、信用情報機関3社のうち、「シー・アイ・シー」と「日本信用情報機構」は大まかな期間を公表しているので目安にしてみてください。

シー・アイ・シーは信販会社(クレジットカード会社)の信用情報機関なので延滞についてのみの期間です。

内容

登録される期間

シー・アイ・シー

日本信用情報機構

延滞

契約期間中および契約終了後5年以内

当該事実発生日から1年を超えない期間

任意整理

 

当該事実の発生日から5年を超えない期間

特定調停

自己破産

個人再生

過払金請求

どちらの機関でも、最大5年以内までの情報登録期間のようです。

ただ、私も過去に債務整理を行い、(自分の認識では)5年以上経ってキャッシングの申込を行ったときに審査で落とされた経験がありますので、5年経ったから安心!というわけではなさそうです。

審査の中で何が原因で落とされたのかは教えてもらえないので、憶測で判断するしかないのが難しいですね。

こんなことでもブラックリストに登録される!?

キャッシングなどのお金に関するトラブル以外にも、実はブラックリストに登録されてしまうケースがあります。

債務整理などしていないのになぜか審査に落ちてしまうという方、心当たりはないですか?

 クレジットカードやキャッシングに多重申込をした

複数のキャッシング会社に同時期に申し込みをすると、半年ほどの短期間ではありますが事故情報扱いになると言われています。

手当たりしだいに申し込みをしているという事実がマイナスになってしまうんですね。

目安としては3社~4社同時に申し込むと危ないみたいです。

申込手続きの手間を省くために、複数の会社にまとめて申し込みをしようと考えている方は止めておきましょうね。

 携帯電話の支払いを滞納している

携帯電話やスマートフォン料金の中に電話機本体(端末)の分割購入費を含んでいる方はとても多いはずです。

そのため、携帯電話料金はいわば電話機の料金をローン支払いしているのと同様になり、これを滞納している=ローンの滞納とみなされてしまうようです。 

奨学金の支払いを滞納している

奨学金も学費をローンで返済しているのと同じようなものなので、奨学金の返済を滞納し続けるとブラックリストに登録されることになります。

厳しい督促がないのをいいことに、奨学金の返済を無視している方はいませんか?

いずれクレジットカードを持ったりローンを申し込む時に後悔することになりますよ。

クレジットカードを使った現金化をした

クレジットカードやカードのショッピング枠を使った現金化は、カード利用規約違反です。

グレーゾーンなのをいいことに近年悪徳業者がかなり積極的に行っている手法なので、カード会社も現金化に繋がっていそうな怪しい取引には目を光らせています。

もし現金化を利用したことがカード会社にバレたらブラックリストに登録され、もちろんクレジットカードも強制解約となります。

そもそもカードを使った現金化は損しかしませんし、思わぬトラブルに巻き込まれる恐れもあります。絶対にやってはいけません!

自分がブラックリストに載ってるか確認できる?

過去に延滞や債務整理など、ブラックリストに登録される心当たりがある方は、自分の信用情報を開示してもらうことができます。

機関名

開示請求方法

開示手続き手数料

全国銀行個人信用情報センター

・郵送のみ

1,000円

株式会社シー・アイ・シー

・インターネット(パソコン・スマホ)

・郵送

1,000円

 

・窓口

500円

株式会社日本信用情報機構

・  インターネット(スマホ)

・  郵送

1,000円

 

・  窓口

500円

各信用情報機関に登録されている情報は、銀行・クレジットカード会社・貸金業者などから集められた情報の他、それぞれの機関が独自に収集した情報も含まれています。

ただし、もらえる開示報告書には「事故情報がいつまで登録され続けるのか」等の情報は記載されていません。

契約した日や債務整理を行った日、遅延が発生した日などの情報はありますので、最大5年で情報が消えると仮定しての残り掲載期間は推測することができます。

私も「そろそろ大丈夫かな?」程度の認識でキャッシングに申し込む前に、一度開示請求しておけばよかったです。

ブラックリストに載ったらもうキャッシングは利用できないの?

一定期間は大人しく待とう

一度ブラックリストに載ってしまったから、もう二度とキャッシングは利用できないのかというとそうではありません。

上記でも言っている通り、一定期間が経てば事故情報は消えますので、それ以降にまたブラックリストに載ってしまうようなお金のトラブルを起こしていなければ、また利用することができるようになります。

 事故情報の内容によっては利用できない会社も

ブラックリストに載った原因が、過払金請求や任意整理などの貸金業者にとってはマイナスとなる事だった場合、その会社の審査に通ることは恐らく二度とありません。

誰だって、貸したお金を全部返さなかった人には二度と貸したくないですもんね…。

 ブラックリストに載っている期間でもOKな会社もある

大手金融機関はブラックリストに登録されている期間はまず審査に受かることはないのですが、中小の金融機関のなかにはブラックリスト登録中の機関でもお金を融資してくれる場合があります。

もちろん融資金額はかなり低めになることには違いありませんが、どうしても困った時は頼ってみてはいかがでしょうか。

ただし、くれぐれも違法な金利で貸し付けてくる悪徳業者には注意してくださいね。

まとめ

ブラックリスト(事故情報)は、お金を貸す側を守るためにもなくてはならないものです。

登録されないことが一番ではありますが、もし登録されてしまうことになっても、その後を堅実に過ごしていけばいずれ情報は消えます。

借金を作らないために生活基盤をしっかりと整えましょう。

7dj7「オリックス銀行」 【超低金利】おまとめローンに最適!

cm3l42fj74678hx43
金利 限度額 審査時間
1.7%~17.8% 800万円 最短即日
収入証明書 最短融資
- 契約後最短即日


7643zfd1.7%~17.8%の超低金利!月々7千円からの楽々返済。
vjx4
最大800万円まで借りれます。
[;,n3契約後、最短即日融資。

7xy6431h

*主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

7dj7「プロミス」 【30日間無利息】 賢い人はココ!

dk37476m1
金利 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
収入証明書 最短融資
50万円以下なら不要 最短1時間融資


o743x借入可能か3秒診断
ay4
最短1時間融資30日間無利息
chx7パート・アルバイトOK!
+wust電話連絡なし!郵送物なし!

最短1時間融資・30日間無利息・来店不要

審査から融資までが早いので今すぐ借りたい方や初心者にオススメです。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録すれば、土日祝日でも24時間最短10秒でお振込み可能です。

上記の口座をお持ちでない場合でも、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、すぐに借りられます。

c7k87.v

*詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。